NEW
藤和彦「日本と世界の先を読む」

米国、貧困化する白人男性層…銃乱射事件が年600件超え、学歴格差で歪む社会

文=藤和彦/経済産業研究所コンサルティングフェロー
【この記事のキーワード】

, ,

米国、貧困化する白人男性層…銃乱射事件が年600件超え、学歴格差で歪む社会の画像1
「Getty images」より

 米連邦捜査局(FBI)は9月27日、2020年犯罪統計報告書を発表した。それによれば、新型コロナウイルスのパンデミックが始まった昨年の殺人件数は2万1570件と前年に比べて29.4%増加した。この数字は1960年代にFBIが犯罪統計記録を作成して以来、最も大幅な増加率だ。殺人事件は米国の主要都市に限ったものではなく、あらゆる地域で広範囲に発生している。

 これを報じた米紙ニューヨークタイムズ紙は「殺人事件の顕著な増加は新型コロナウイルスが大流行した時期と一致している。パンデミックが人々の経済的・精神的ストレスを誘発し不安な雰囲気をつくったことで社会的対立と犯罪を煽った」とコメントした。

 銃器の販売量が増加したことから、銃による殺人事件が急増している(76%増)。犯人を除く4人以上が死傷した銃乱射事件は全米で昨年611件発生し(一昨年は417件)、今年はそれを上回るペースで起きている(9月17日付CNN)。

 FBIのレイ長官は9月22日、連邦議会上院の公聴会で「米国の過激派が各地に広がっている」と警告を発していた。「アフガニスタン政府の崩壊とタリバンによる権力掌握で海外のテロが活気づく」との論調があるが、レイ氏は「まず最初に国内の過激派がこの動きに刺激され、米国内でテロを起こす可能性が高まった」との見解を示した。公聴会に参加した他の政府高官もこれに同調している。

 2001年9月11日に発生した同時多発テロ事件後、米国は海外で「テロとの戦い」に注力してきたが、20年経った今、国内の白人至上主義者や極右集団が最大の脅威になっているという皮肉な事態が生じている。

 こうした懸念は17年のバージニア州シャーロッツビルで死傷者を出したネオナチの集会の頃から出ていたが、今年1月6日にワシントンDCで起きた連邦議事堂侵入事件で俄然注目されるようになった。新型コロナウイルスのパンデミックによる社会の深刻な混乱がこれに輪をかけていることはいうまでもない。

 米国の新型コロナウイルスによる死者数は10月1日に70万人を突破し、スペイン風邪の死者数(67万5000人)を超えた。英オックスフォード大学の調査によれば、新型コロナウイルスのパンデミックで世界各国は第二次世界大戦以降最も大きく平均寿命を下げているが、そのなかで最も大幅に寿命を縮めたのは米国だ。米国男性の平均寿命は2.2歳低下した(女性は1.7歳低下)。世界で最もパンデミックに苦しめられる米国の男性たちは「なぜ自分がこんなひどい仕打ちを受けなければならないのか」と神を恨んだことだろう。世の中の不条理に悩む人たちが、極右主義者らがネットで拡散する「誤った物語」に吸い寄せられていく様を想像するのは難くない。

RANKING
  • 連載
  • ビジネス
  • 総合