NEW

リストラで社員9割減のユニデンHDは、なぜ香港系投資ファンドに全面降伏?

文=編集部
リストラで社員9割減のユニデンHDは、なぜ香港系投資ファンドに全面降伏?の画像1
ユニデンホールディングスのサイトより

 ユニデンホールディングス(HD)は11月19日に東京都中央区八丁堀のユニデン八丁堀ビル7階会議室で臨時株主総会を開催する。会社提案の議案は5件。第1号議案は定款一部変更の件。「監査役会設置会社」から「監査等委員会設置会社」に移行する。第2号議案の取締役1名選任の件が最大の注目点だ。

 武藤竜弘・代表取締役社長兼CFO(最高財務責任者)を再任する議案である。退任予定の取締役は西川健之・代表取締役会長、高橋浩平・取締役(ユニデンジャパン社長)、高橋純也・取締役の3人。南惟孝・社外監査役も退任する。監査役は監査等委員会設置会社になれば不要になる。

 この人事案が発表されると、証券界に衝撃が走った。ユニデンHDに対して9月22日、株主の投資ファンド、リムジャパンイベントマスターファンドから、西川会長と南監査役の解任を求める株主提案が出されたと発表していたからだ。会社側はファンドの株主提案を受け入れ、西川会長と南監査役の退任に踏み切った。白旗を掲げ、ファンドに全面降伏した格好となった。

リムジャパンは西川会長の責任を追及

 リムジャパンは介護のニチイ学館、東証の大家で知られる平和不動産への株主提案を出したことで知られる“物言う株主”の香港ファンド、リム・アドバイザーズが運用するファンドだ。リムジャパンの株主提案は3点。取締役西川健之氏の解任、監査役南惟孝氏の解任、剰余金処分(株主に1株当たり382円の配当の要求)だ。

 ターゲットは会長の西川氏だった。「一連の会計不祥事において取締役として責任を果たさないまま、上場廃止の危機に晒された前期において1億3500万円という高額の役員報酬を得ており、当社の経営トップとして不適任である」と糾弾している。西川氏が不正会計を見逃した責任、不正結果の調査報告書を日本語版に翻訳する際の「責任を不明瞭にする改変」に関する対応の問題、定時株主総会での株主提案書が創業者株主(藤本秀朗氏)に遺漏した問題などが、解任を提案する理由としている。

 リムの株主提案は目的を達したかたちとなったため、10月13日付で取り下げられた。会社側は10月13日、22年3月期の配当予想を前期並みの年210円とした。期初予想は50円だったが5月に100円に引き上げ、今回、再び増額した。「臨時株主総会を意識したもの」(関係者)という。10月14日、ユニデンHDの株価は3350円の年初来高値をつけた。

西川会長は創業者・藤本氏の義弟

 ユニデンHDは2020年に米国子会社で不正会計が発覚。19年3月期と20年3月期の決算を訂正した。不正会計処理の責任を取り、創業者の藤本秀朗氏が20年10月、取締役会長を退任した。

RANKING
  • 企業・業界
  • ビジネス
  • 総合