NEW

頻尿に悩む人に朗報のはずの「ボトックス」、なぜ普及しない?費用対効果は…

文=吉澤恵理/薬剤師、医療ジャーナリスト
頻尿に悩む人に朗報のはずの「ボトックス」、なぜ普及しない?費用対効果は…の画像1
「Getty Images」より

「トイレから出たばかりなのに、すぐにトイレに行きたくなる」

「尿意を感じてからトイレに行くまでに、我慢できずに漏れてしまう」

「就寝中、何度もトイレに起きる」

 このような症状に悩む中高年は少なくないだろう。これらは「過活動膀胱」といわれ、膀胱の筋肉が硬くなった状態であることを示している。

 従来、過活動膀胱の治療は薬を服用することが一般的だったが、2020年4月にボツリヌス毒素膀胱壁内注入療法が保険適用となった。過活動膀胱の患者にとっては朗報であるが、まだ広く知られていないのが現状である。新たな治療法であるボツリヌス毒素膀胱壁内注入療法と過活動膀胱について、くぼたクリニック松戸五香院長の窪田徹矢医師に聞いた。

「過活動膀胱とは、急に尿意を感じ我慢できなくなり、慌ててトイレに駆け込むような症状をいい、一度、尿意を感じ始めると我慢できなくなり、頻尿になります。また、夜間頻尿を伴うことが多い症状ですが、実際にトイレに行っても、尿は僅かしか出ないという点も特徴です」

 日本では、 40 歳以上で 12.4%(男性 14.3%、女性 10.8%)の人が過活動膀胱の症状を有するとの統計もあり、性別を問わず加齢に伴い増加する傾向にあるが、理由は加齢だけではないという。

「加齢により膀胱の筋肉が硬くなり伸び縮みが悪くなることも原因のひとつですが、男性の場合は、前立腺疾患などが影響していることもあります。前立腺疾患の場合は、そちらの治療を行います。しかし、過活動膀胱は原因不明なケースも多く、ストレスなどが影響することも多くあります。いずれの原因の場合も、過活動膀胱により生活の質(QOL)が低下するなど、頻尿に悩む人は少なくありません。

 頻尿の目安としては、日中にトイレに行く回数が8回以上。夜間頻尿は、就寝中に1 回でもトイレに起きれば当てはまります。これまで、過活動膀胱の治療といえば、まず行動療法を行い、効果がない場合や症状がひどい場合には薬物療法も合わせて行うことがメインでした。しかし、薬物療法では、他の疾患によっては使用できる薬に制限が出るケースもあります。ボツリヌス毒素膀胱壁内注入療法が新しい選択肢として加わったことは、過活動膀胱に悩む患者にとって有益だと思います」

 過活動膀胱の治療薬のなかには、緑内障がある場合には使用できないものもあり、薬の選択には注意が必要となる。

RANKING
  • 連載
  • ビジネス
  • 総合