NEW

からあげ棒もファミチキも店頭から消える?クリスマス、チキンが手に入らない?

文=松崎隆司/経済ジャーナリスト
【この記事のキーワード】, ,
クリスマスチキン
「Getty Images」より

 新型コロナ禍の緊急事態宣言を脱し、街は賑わいを取り戻した。クリスマスを前に街はイルミネーションに彩られ、いやがおうでも気持ちが昂る。クリスマスには家族でケーキとローストチキンを取り囲む団欒を楽しみにしている人は多いのではないだろうか。

 だが、最近ネット上では「ファミチキが店頭から消える」というニュースが大きな話題となっている。ファミリーマートの店頭をのぞいてみると、ファミチキが品薄となり「お客様各位 ファミチキはただいま品薄となっています」といった張り紙が目につく。ファミマの店員だという人物のツイッターでも次のような書き込みがみられる。

「(ファミマ店員が皆様の脳内に直接お伝えいたします。新型コロナの影響で、タイの工場の稼働率が大幅に落ちているため、当面の間、ファミチキが相当な品薄になります。店舗辺りの1週間の割当が120個のため、1日辺りの作成可能数が17個程度になる見込みです。ご迷惑をおかけしますが、ご了承ください)」

 ファミマも「ファミチキの原料がタイ産であり、不足している」ことは事実だと認めているが、これは何もファミマだけではない。セブン-イレブンでも一部地域で「からあげ棒」の供給が休止している。

 味の素冷凍食品では「ザ★から揚げ」「塩麹レモンから揚げ」「若鶏の備長炭焼き」などを家庭用冷凍食品5品、業務用40品を値上げする。家庭用は2022年2月1日納品分から約6~10%、業務用は3月1日納品分から約6~8%値上げするという。

「うちは7、8月にタイの原材料の仕入れ工場でコロナが広がり、それが生産工場に飛び火して安定生産できなくなりました。なんとか生産が安定したので原材料価格の上昇を反映して値段を引き上げました」(味の素冷凍食品広報担当者)

 一方でローソン、ケンタッキーフライドチキンなどは、国産のチキンを使っているために大きな影響はないという。

 2020年度でみると、鶏肉は国内消費(251万トン)のうち34%を輸入鶏肉で賄っているが、輸入鶏肉の生肉(55万トン)では70%がブラジル産、25%がタイ産、すでに加工されている鶏肉調製品(46万トン)はそのほとんどがタイから輸入されている。ところがタイでは多くの生産施設が稼働できなくなっている。

「今年5月頃から7月にかけて新型コロナウイルスの感染者が増加し、複数の食鳥処理場でクラスターが発生し、1カ月から2カ月程度操業が停止してしまいました。その影響で10月ごろから輸入量が大幅に減ってきているのです」(農林水産省関係者)

 新型コロナの感染者は8月に入り減少傾向に入っているが、輸出用の加工鶏肉の生産にどれだけの影響が出ているのかは農水省でも把握できないないという。さらに鶏肉の卸売価格も上昇し、むね肉は昨年あたりから上昇を続け2019年には年平均で1kg260円だったものが20年には297円まで上昇。さらに21年4月には1kg314円だったものが、10月には338円にまで上昇しているという。

RANKING
  • 企業・業界
  • ビジネス
  • 総合