NEW

三井物産初代社長・益田孝と『青天を衝け』渋沢栄一との共通点…放蕩息子が一流の文人に

文=菊地浩之
【この記事のキーワード】, , ,
三井物産初代社長・益田孝と【確認中】『青天を衝け』渋沢栄一との共通点…放蕩息子が一流の文人にの画像1
三井財閥の重鎮として数々の功績を残した、実業家・益田孝。商売仲間の渋沢栄一とは共通点が多いようで……。類友ってやつ? (画像はWikipediaより)

のちに三井物産のトップに就く益田孝、佐渡島の役人の子に生まれ、有能ゆえに幕臣へと出世

 昨年12月26日に最終回が放送されたNHK大河ドラマ『青天を衝け』では、渋沢栄一(演:吉沢亮)の商売仲間として、たびたび益田孝(ますだ・たかし/演:安井順平)が登場した。ドラマでは「その他大勢」のような役回りなのだが、「何事にも立ちどころに神算鬼謀、どうしてこんなにもアタマが働くものかと驚くばかり、おそろしいチエがあった」人物で、「財界では『徳の渋沢、智慧(ちえ)の益田』といわれた」。

 益田孝(1848~1938年)は、佐渡島で役人の子として生まれた。孝の父は佐渡奉行所の目付役だったが、やっぱりこの人も有能だったらしい。時の佐渡奉行が「益田のような人物を佐渡の地役人にしておくのは実に惜しい」と幕府に推薦し、1854(安政元)年に箱館奉行支配調役下役に大抜擢された。

 この抜擢は父のみならず、息子・孝の生涯にも大きな影響を与えた。箱館では奉行所のなかに子弟を教育する学校のようなものがあり、孝はそこで英語を学んだのだ。

 1859(安政6)年、孝の父は外国奉行支配定役に抜擢され、江戸詰に転じ、のちに勘定方に取り立てられた。孝も父に従って江戸に出て、1861(文久元)年から外国奉行に出仕した。最初は給仕のようなことをしていたが、「少しは英語を知っておったものだから」、ほどなくして外国人宿舎詰に昇格したという。

 1863(文久3)年に幕府は欧州使節団をフランスに派遣、益田父子も随行した。

 江戸幕府が欧州に使節を派遣するのは4回。初回は1860(万延元)年で小栗上野介(おぐり・こうずけのすけ/演:武田真治)や勝海舟、福沢諭吉らが随行。2回目が1862(文久2)年で福沢諭吉、福地源一郎(演:犬飼貴丈)ら。3回目は益田父子が随行した派遣団で、杉浦愛藏(演:志尊淳)、田辺太一(演:山中聡)らも同行している。そして、4回目は渋沢栄一らが随行する派遣団だ。

渋沢栄一と同じく有能で、栄一同様に、幕臣→商人→大蔵官僚→退官というエリート街道をひた走る

 帰国後、孝は幕府の騎兵差図役に任じられ、死をも覚悟したが、江戸城の無血開城で一命を取り留めた。

 維新後、孝は親戚から「横浜はこれからだんだん発展する所で、これから面白いことがあるから来いと言われ」、横浜で商売を始めた。孝は英語ができたため、外国人商人との通訳から始め、外国商館に入り、貿易の実務を覚えた。商売を通じて岡田平蔵や馬越恭平(のちの大日本麦酒社長)等の知己を得、岡田平蔵からは井上馨(演:福士誠治)を紹介された。

 井上は益田孝に会い、造幣局への出仕を推挙。孝は大蔵省大阪造幣寮の造幣権頭(ぞうへいごんのかみ)となった。当時、造幣局を指揮していたのは御雇い外国人・キンドルであり、前任の造幣権頭は英語ができないこともあって、関係がうまくいっていなかった。「井上さんの考えでは、益田は横浜で外国人を相手にして商売をしておったのだから外国人の呼吸もよくわかって」いるからだろうということらしい。実際、孝はキンドルと良好な関係を築き、懸案事項を一挙に解決した。

RANKING
  • ジャーナリズム
  • ビジネス
  • 総合