NEW

「福山哲郎氏が理念に共感」CLP釈明に疑問も…枝野前代表の関与も焦点 揺れる立民

文=編集部
【この記事のキーワード】, ,
立憲による資金提供疑惑に関する説明が掲載された「Choose Life Project」公式サイト
立憲による資金提供疑惑に関する説明が掲載された「Choose Life Project」公式サイト

 国政選挙の「投票呼びかけ動画」や国会解説動画などを配信する“インターネット公共メディア”「Choose Life Project」(CLP)に関し、同団体が立憲民主党から「番組制作費」として1000万円以上の資金提供を受けていたとして、ジャーナリストの津田大介氏らが抗議声明を出していた問題で、CLPの佐治洋共同代表は6日、指摘の事実を認めて謝罪するとともに、共同代表を辞任する意向を示した。

立憲・福山哲郎氏が理念に共感

 同日、CLP公式サイト上にアップした記事『「Choose Life Projectのあり方に対する抗議」へのご説明』で佐治共同代表が明らかにした。

 佐治共同代表は「2020年3月からクラウドファンディングで自分たちのファンドを運用できるまでの間、立憲民主党から『番組制作費』として、広告代理店や制作会社を通じてCLPが資金提供を受けていたことは事実です」と説明。その経緯を以下のように説明した。

「立ち上げ当初は現在の形である市民サポーター型の『公共メディア』という方針や、今のホームページに記載されているような明確な理念はもてておらず、制作しているコンテンツの方向性や内容についても試行錯誤が続いていました。

 ただ、活動を続けるためには資金が必要でした。そこでまずは企業スポンサーを探してプレゼンをしたり、大口の個人で寄付をいただける方を探したり、その他団体など、番組制作費の支援やスポンサーとなっていただける方を探しました。

 そんな折、私は立憲民主党の福山哲郎氏にCLPの話をさせていただく機会を得ました。フェイクニュースやあまりに不公正な差別が横行する状況に対抗するための新しいメディアを作りたいという理念に共感をいただき、広告代理店・制作会社を通じて番組制作のための支援をいただくこととなりました」(原文ママ)

資金提供額は1500万円

 立憲民主党からの資金提供に関しては、2020年7月にクラウドファンディングを開始した後に、「立憲民主党に資金提供の終了をお願いし、終了しました」という。そのうえで、「これらの事実をサポーター・視聴者・出演者の皆様に説明しないままに配信活動を行い、寄付を募っていた時期があることは、メディアの役割からも、また寄付の透明性という観点からも不適切でした」と説明した。

 立憲民主党から提供された番組制作費は約1500万円(1動画あたり平均5万円・1番組 あたり平均12万円程度)だったが、「資金提供期間に特定政党を利するための番組作りはしていません」と述べている。

RANKING
  • ジャーナリズム
  • ビジネス
  • 総合