NEW

高梨沙羅スーツ失格、なぜ起きた?突然(従来と)異なった検査開始の可能性か

文=編集部
国際スキー連盟(FIS)の公式サイト
国際スキー連盟(FIS)の公式サイト

 Sie sei schon „so oft kontrolliert worden in elf Jahren Skisprung, und ich wurde kein einziges Mal disqualifiziert. Ich weiß, mein Anzug hat gepasst“, sagte Althaus entrüstet: „Wir haben uns so darüber gefreut, dass wir einen zweiten Wettkampf hier bei Olympia haben. Die FIS hat das mit dieser Aktion zerstört.“

「11年間の競技生活を通じて、何度もスーツのチェックを受けており、私は失格になったことはない。自分はルールに沿ってきた」

「私は自分のスーツがぴったりだと知っています。2度目のオリンピック(に参加できたこと)はとてもうれしかったです。FIS(国際スキー連盟)はこの行動でそれを破壊しました」

 独「Berliner Zeitung」紙は7日(現地時間)、記事『Anzug-Farce: So wird das Frauen-Skispringen zerstört』(スーツの茶番劇)を公開し、北京冬季オリンピックのスキージャンプ混合団体で失格となったカタリナ・アルトハウス選手の嘆きを冒頭のように伝えた。同国と日本、オーストリア、ノルウェーの選手が相次いで失格となり、物議を醸した同種目。中でもドイツの怒りは頂点に達している。

 日本では高梨沙羅選手が決勝1回目のジャンプ直後に、スーツ規程違反で失格に。その結果、日本チームは決勝2回目進出ギリギリの8位まで後退したが、高梨選手が気迫の2回目のジャンプで98.5メートルを飛び、小林陵侑選手ほかチームメイトの好ジャンプもあって、最終的に4位となった。

従来と異なる検査を実施した?

 しかし、ドイツチームはアルトハウス選手の失格で、決勝2回目に進出することができなくなった。競技終了直後から、ドイツ各紙はドイツチームの怒りの声を伝え続けていた。

 独全国紙の「Frankfurter Allgemeine Zeitung」は7日、記事『Warum Katharina Althaus disqualifiziert wurde』(カタリナ・アルトハウスが失格になった理由)を公開。スーツ管理の責任者が「ボディーとスーツの余裕が最大3センチメートル以下となるよう確認してきたこと」に触れた上で、シュテファン・ホルンガッハー監督が「茶番だ。彼らはオリンピックで突然(従来と)異なった検査を始めている」とFISの検査官を非難したことを伝える。ドイツチームはオーストリアチームと緊急協議し、共同抗議を検討したという。

RANKING

17:30更新
  • ジャーナリズム
  • ビジネス
  • 総合