NEW
野村直之「AIなんか怖くない!」

Kindle サンプルダウンロードを十数本いっぺんにやる…無料で大量の知識を並べて比較

文=野村直之/AI開発・研究者、メタデータ株式会社社長、東京大学大学院医学系研究科研究員
【この記事のキーワード】, ,
Kindle サンプルダウンロードを十数本いっぺんにやる…無料で大量の知識を並べて比較の画像1
「Kindleストア」より

 前回、AI(人工知能)に勝てる創造性を発揮し、知的生産者になるための図書館の活用や、タイプの異なる人との対話(自分の殻を破るのに他の人の殻を活用する感じ!)のことを書きました。すると、Twitter、Facebookの知人たちの間でシェア、RT、コメントなどで、かなり反響がありました。多くは、「共感した!」という内容です。今後とも、『AIに勝つ! ~強いアタマの作り方・使い方』に書ききれなかった、AI時代に生き残り、幸福に仕事をするTipsをこちらでも追加してまいりたいと思います。

図書館で10冊、20冊机に積み上げる代わりに

 どうしても図書館に行く時間がとれない、というコメントもありました。それに代わるオンライン体験として何をお奨めしようかなぁ、と考えて、表題の通り、Kindle のサンプルダウンロードを十数本いっぺんにやる、というのを推奨しようかと思い立ちました。

Kindle サンプルダウンロードを十数本いっぺんにやる…無料で大量の知識を並べて比較の画像2

 現時点のKindle個人アカウントで、職場のメインPCにダウンロード済の書籍一覧です。右肩に斜めの黒い帯があるのは、「サンプル」もしくは「新規」です。高速な端末なら、上図の27冊(クラウドには2288冊あります!)を交互に素早く開いて見比べることができます。今これを書いているPCは、4Kモニタを横に2台並べてますので、1冊あたりかなりな量を開きつつ、Webブラウザ上のKindleで、もう1冊開いて同時に見比べることができます。さらに、ワード画面などにコピペによる引用で、重要部分を3番目の同時閲覧画面で開くことができます。それどころか、「Alt+PrintScreen」で(Windowsなら)、画像としてKindleの各画面のスクショをとり、ペイントアプリ等にコピペすることで、同時に見比べるのに必要なだけ、いくらでも見開きを画面に置くことができます。下図は、拙著『AIに勝つ!』の目次部分のスクショをWindows標準の「ペイント」でモニタに表示しっ放しにしている状態をコピペしたものです。

Kindle サンプルダウンロードを十数本いっぺんにやる…無料で大量の知識を並べて比較の画像3

 このようにして、リモート(在宅)、オンラインで電子的に図書館で10冊、20冊机に積み上げる代わりの行為が、かなりできるようにはなりました。しかし、「目次+第1章」で済めばいいのですが、本文の中身を同時に見比べようとすれば、全部買ってしまうという贅沢ができない限り、無料の図書館の優位性が残っているわけです。

AI産業応用のレファ本から ~マーケティングの新境地はどの企業?

 前回、「レファ本」という言葉も初耳という方もいらしたので、今回は1つ、AI活用の実績、コツを50描いた準レファ本『世界のトップ企業50はAIをどのように活用しているか?』をご紹介します。あ、「準」って何? というご質問ですが、レファレンスというからには事典みたいに何千、何万項目はなくとも、その専門分野の “Must read” = 必読書が150冊くらいは紹介されててほしいけど、50事例というのは少し少ないかな。そんなくらいの意味です。リンク先の目次で判断いただけると思いますが、内容にはやや形容詞が多くて数字が少なく、技術的な仕掛け、勘所は記載がないものが多いので、定性的に「こんな盲点だった応用があるのか。自分の業界でも少し意外なところで役立っているのだな」などとビジネスパーソンが興味、関心を覚えるのには好適と思います。

RANKING

11:30更新
  • 連載
  • ビジネス
  • 総合