NEW

社内で経費の取り締まり強化していたテレ朝社長、経費で私的ゴルフやり辞任の顛末

文=Business Journal編集部
【この記事のキーワード】, ,
テレビ朝日本社
テレビ朝日本社(「Wikipedia」より)

 テレビ朝日ホールディングス(HD)は10日、テレビ朝日代表取締役社長の亀山慶二氏の辞任を発表した。同日開かれた取締役会で、亀山氏から取締役辞任の申し出があり、受理したという。早河洋会長が社長を兼任する。

 同社では昨年の東京オリンピック閉会式後に同社スポーツ局社員・スタッフが東京都内のカラオケ店で“打ち上げ”を開き、酔った社員が転落して負傷する事故発生していた。

スポーツ局長と不和?会社経費の私的使用

 テレビ朝日HDの発表によると、昨年8月以降、前述のようなスポーツ局の社員・スタッフによる不祥事が連続して発覚したことを受け、12月に再発防止策を策定する目的で、同社役職員によって構成される『役職員の業務監査・検証委員会』を設置。コーポレートガバナンスの観点からスポーツ局のガバナンスを中心に監査・検証していたのだという。

 その過程で、スポーツ局統括でもある亀山氏の「業務執行上の不適切な行為」が明らかになったのだという。発表によると、亀山氏本人及び社内関係者の事情聴取、伝票等の関係書類の精査を実施した結果、以下の事実が確認されたのだという。以下、プレスリリースを原文ママで引用する。

「(1) スポーツ局長との意思疎通の欠如

 亀山氏は、テレビ朝日社長に就任した 2019 年6月以降、スポーツ局内において報告会を主催し、ほぼ毎週スポーツ局内の主要な役職者を招集して協議していました。報告会は、会社として正式に設置した機関ではありませんが、スポーツ局内の意思疎通・情報共有・円滑な指揮命令の伝達にとって、重要な役割を果たすことが期待されておりました。しかしながら亀山氏は、合理的な理由もなくスポーツ局長をこの報告会に参加させないだけでなく、スポーツ局長との日常的な意思疎通も十分に行っていなかったため、スポーツ局内の指揮命令系統の混乱を招き、職場環境を悪化させる事態となっていました。

(2) 不適正な伝票処理による会社経費の私的使用

 亀山氏は、当社社長就任後、スポーツイベントへの出席・営業活動のため、会社の費用負担で国内各地に出張していました。しかしながら、その中には業務との関連が認められないにもかかわらず、その際の会食・ゴルフ等の費用を含め、あたかも業務上の関連があるかのように仮装し、会社の費用として経費の精算をしていた事例があったことが確認されました。

(3) その他

 上記(2)の不適切な伝票処理以外にも、亀山氏には、代表取締役社長として不適切であって、業務の遂行に支障をきたすおそれのある行為が確認され、取締役の善管注意義務に照らして問題視せざるを得ないものがありました」

RANKING

17:30更新
  • 企業・業界
  • ビジネス
  • 総合