NEW

チェルノブイリ原発、安全機器の保守・修理できず…林外相、除染・医療支援を協議へ

文=Business Journal編集部
14日の参議院予算委員会
14日の参議院予算委員会(参議院公式サイトより)

 林芳正外相は14日、参議院予算委員会の質疑で、ロシア軍の侵攻により安全が懸念されているウクライナ国内のチェルノブイリ原子力発電所などの複数の原発で、「まさかの事態」が生じた場合、「日本が放射線被ばく医療や除染など支援を行うことができるのか」について関係機関と協議を開始する意向を示した。

 公明党の秋野公造氏(比例)の質問に答えた。秋野氏の質問は以下の通り。

「原発や核利用施設を攻撃したり、核兵器の使用をちらつかせるようなことが絶対にあってはならないと申し上げたいと思います。

 しかしながら、まさかの事態がずっと続いております。かつてウクライナのチェルノブイリ原発事故の医療支援は、日本が先頭に立って行ったことであります。また福島原発の時にもIAEA(国際原子力機関)の指揮のもとに、ウクライナの皆様方が応援に来てくださいました。

 こういった備えが必要と考えておりまして、邦人含めまして避難された方々に対する支援を行うことは無論、顔が見える関係で日本が得意なこと、放射線被ばくをした際には除染を行ったり、高度被ばくをした場合には、日本に移送して緊急被ばく医療を行う準備を検討すべきかと思いますが」(発言ママ)

 これに対し、林外相は「唯一の戦争被爆国であり、東電福島第一原子力発電所事故を経験した我が国にとって、ご指摘の点は大変重要であり、さっそく関係当局とともに協議を開始したいと考えている」と答弁した。

チェルノブイリ職員、疲労で機器の補修できず

 ウクライナ国内には、事故を起こしたチェルノブイリ原発関連の放射性廃棄物管理施設があるほか、欧州最大級のザポリージャ原子力発電所がある。現時点で周囲の空間放射線量などに異常はみられていないが、緊張した状況下続いている。

 IAEAは13日、ウクライナ国内の原発の状況に関し、『Update 20 – IAEA Director General Statement on Situation in Ukraine』と題するプレスリリースを公開した。

 同リリースによると ウクライナ当局は同国の専門家チームが13日、チェルノブイリ原発への外部電力供給を再開するために必要な電力線の修理に成功したとIAEAに通知した。ウクライナの原子力発電会社エネルゴアトムの責任者からの報告という。外部電源の供給停止に関し、IAEA使用済み燃料施設の冷却水の量が熱除去を維持するのに十分にあったため、「サイトの重要な安全機能に重大な影響はない」との見解を示している。

RANKING

5:30更新
  • ジャーナリズム
  • ビジネス
  • 総合