NEW

オーケー、驚異のエブリデイ・ロープライス経営の秘密…大手メーカーとの軋轢も厭わず

文=Business Journal編集部
【この記事のキーワード】, ,
オーケー、驚異のエブリデイ・ロープライス経営の秘密…大手メーカーとの軋轢も厭わずの画像1
オーケーの店舗(「Wikipedia」より)

 花王の長谷部佳宏社長は2月3日、オンラインで行った決算会見で、原材料価格の高騰を理由に、3月をめどに衣料用洗剤や柔軟剤、紙おむつを値上げする方針を表明した。天然油脂など原材料コストが160億円上昇し、2021年12月期の連結営業利益が前の期に比べて18%減の1435億円となった。原材料の高騰を吸収するため値上げをするほか、販売促進費を削減し、22年12月期の連結営業利益は21年3月期比12%増の1600億円を見込む。

 長谷部社長は「日用品のリーダーシップを取る会社がここに踏み込まなかったら、今後一切、前に進まない。必ずやっていく」と値上げへの強い決意を示した。店頭価格への転嫁は小売り側との交渉次第だが、値上げを浸透させるのは難問だ。

 首都圏が地盤の食品スーパー大手、オーケー(横浜市、非上場)は2月16日、花王製の商品、500品目のうち3割に当たる145品目の取り扱いを1月31日から中止していると発表した。残りの7割については引き続き販売している。

 取り扱い中止の理由についてオーケーは「花王との条件交渉も含めた商品の見直しの一環」としている。個別の商談のなかで決まったことだという。「仕入価格の交渉で折り合わなかった可能性がある」(小売り担当のアナリスト)。

 オーケーは販売を中止した商品名を明らかにしていない。衣料用洗剤の「アタック」、紙おむつの「メリーズ」、浴室用洗剤「バスマジックリン」など、花王製品は消費者にとってなじみ深いものばかりだ。

オーケーの社長は三菱商事から招いた二宮涼太郎氏

 オーケーは昨年、関西スーパーマーケットの買収を目指し、エイチ・ツー・オー リテイリング(H2O)グループと争奪戦を繰り広げた末に敗れた。関西スーパーとの提携は断念したが、非上場会社のオーケーの知名度は飛躍的に上がった。

 オーケーは1967年の設立。オーナー一族は華麗な経歴で知られる飯田家だ。飯田家の3人の兄弟は起業家として名を高めた。オーケーの創業者で会長の飯田勧氏の兄、飯田保氏(故人)は居酒屋チェーン天狗のテンアライドの創業者。弟の飯田亮氏は大手警備サービス、セコムを立ち上げた。オーケーは1980年代に米ウォルマート流の「Everyday Low Price(エブリデイ・ロープライス)」を導入。他の食品スーパーと一線を画し、徹底的な低価格路線で売り上げを伸ばしてきた。東京や神奈川、埼玉など国道16号の内側で大量出店してきた。

 2021年3月期は売上高に当たる営業収益が前期比17%増の5089億円。35期連続増収を達成した。家具量販店のニトリホールディングスと並ぶ増収の連続記録だ。首都圏のスーパーのなかでは、売上規模でマルエツを上回り、ヤオコーと肩を並べる。経営力を測るROE(自己資本利益率)をみてみると、オーケーの21年3月期のROEは17.96%。スーパー業界で屈指の収益力を誇る。

RANKING

23:30更新
  • 企業・業界
  • ビジネス
  • 総合