NEW

前より味落ちた?チキン南蛮弁当…ローソン、不評の食品5選&レビュー

取材・文=文月/A4studio
【この記事のキーワード】, ,
前より味落ちた?チキン南蛮弁当…ローソン、不評の食品5選&レビューの画像1
ローソン「ポークたまごバーガー」

 1939年にアメリカで誕生し、1975年に日本へ初進出したコンビニチェーンのローソン。4月末時点の国内店舗数がセブン-イレブンの2万1318店舗、ファミリーマートの1万6563店舗に続く1万4663店舗と、コンビニ業界で店舗数第3位となっている。新型コロナウイルスの影響により、客数は3月が前年同月比で97.5%、4月が98.2%と減少傾向にあるが、月次売上高は3月が103.3%、4月が103.5%と安定しているようだ。

 そんなローソンはこの春も多種多様な商品を発売している。しかし興味をそそられる美味しそうな商品がある一方で、“これは微妙かも……”と感じる残念な商品もいくつかあった。そこで今回は“この春、買うのは要注意(?)なローソン商品”を5つ選出し、紹介していく。

ポークたまごバーガー/376円(税込、以下同)

 沖縄への出店25周年を記念して5月10日より開催されている「沖縄フェア」。本フェアでは沖縄ゆかりのメニューが数多く発売されており、「ポークたまごバーガー」もそのひとつ。

 本品は厚みのある卵焼きとポークランチョンに、沖縄の油みそである「あぐー豚入りあんだんすー」とマヨネーズ、唐辛子で味付けしたバーガーであり、食べ応えがありそうな見た目をしている。

 しかし、SNS上の反応を見ると、「卵の風味が強すぎてソースが味わいにくい」「ポーク自体の塩気が抜けていて、ソースの味もほとんどしない」というやや厳しめのコメントが寄せられていた。実際に食べてみると、たしかに卵の匂いが強めであり、ポークランチョンの味が隠れているように感じる。またソースは味噌の風味と酸味があるマヨネーズのまろやかさの相性は良かったものの、唐辛子のスパイシー感は薄めであり、全体的にパンチに欠ける仕上がりであった。

これがチキン南蛮弁当/599円

前より味落ちた?チキン南蛮弁当…ローソン、不評の食品5選&レビューの画像2

 2021年3月23日に既存の常温弁当をチルド化した「これが弁当」シリーズを発売。公式サイトによると、弁当をチルド化することにより、素材本来の美味しさを楽しめるように鮮度管理できたり、使用できる食材が増えたりするとのことだ。そんなシリーズのひとつである「これがチキン南蛮弁当」は、従来の「チキン南蛮弁当」の南蛮たれをより酸味のある味わいにグレードアップさせたという。

 しかし、SNS上では「以前のほうが美味しかった」「お肉の種類が変わっている?」といった従来のチキン南蛮弁当ファンから本品に対する疑問の声が目立った。そこで実食してみると、チキンはコリコリとした歯ごたえのある身質ではなく、一部ゼラチン質になっており、肉本来の食感を楽しめなかった。また、衣がべちゃべちゃしており、油っぽさが増していたので、食後に胃もたれする人がいてもおかしくはないだろう。

RANKING

11:30更新
  • ヘルス・ライフ
  • ビジネス
  • 総合