NEW

未使用の休暇を積み立て…ライフネット生命、独自のナイチンゲールファンド休暇

文=鬼塚眞子/ジャーナリスト、一般社団法人介護相続コンシェルジュ協会代表
未使用の休暇を積み立て…ライフネット生命、独自のナイチンゲールファンド休暇の画像1
ライフネット生命保険 人事総務部マネージャーの関根和子氏

 企業の福利厚生の充実は、求人や社員の定着率に影響を与えるといっても過言ではない。福利厚生プログラムを扱う企業もあまたあるが、導入ともなると高額の提携料が必要な場合もある。中小企業にとっては福利厚生の充実は「分かっているけど、資金もなければ人もいない」というのが現状ではないか。

 資金も労力もかからず、インフラ整備もしなくていい、さらに従業員に喜ばれる――。そんな夢のような福利厚生が、ライフネット生命保険のライフサポ-ト休暇だ。2016年に創設された同制度は従業員に非常に好評ばかりか、会社にとってもメリットが大きいという。同社の人事総務部マネージャー、関根和子氏に聞く(以下、敬称略)。

ナイチンゲールファンド休暇とは?

――2019年から新たな特別休暇が登場するのですね。

関根 はい。下記にまとめたように16年に設けた特別休暇制度は、ナイチンゲール休暇、エフ休暇で、19年度に追加した特別休暇制度はナイチンゲールファンド休暇、ダブルエール休暇があります。

未使用の休暇を積み立て…ライフネット生命、独自のナイチンゲールファンド休暇の画像2

――年次有給休暇は、労働基準法で業種・業態にかかわらず、正社員・パートなどの労働者の区分もなく一定の要件を満たしていれば、全ての労働者に与えられています。堂々という表現は変かもしれませんが、病気になったら通常は有休を使います。なぜ医療関係の休暇に特化する必要があったのですか?

未使用の休暇を積み立て…ライフネット生命、独自のナイチンゲールファンド休暇の画像3

関根 年次有給休暇の有効期限は使い切らなくても2年間と労基法で決まっています。たとえば、がんのような重篤な病気が疑われると、診断確定までに時間もかかるし、いざ入院となると一定の準備期間も必要です。その後の治療プランのための休暇となると、軽く10日以上は休暇が必要です。さらに入院するとなると、社歴の浅い社員にとっては、あっという間に有給休暇は使い切ってしまい、その後は欠勤扱いになってしまいます。

 そこで本人の治療や家族の看病を応援する意味で、19年からは医療に特化した特別休暇を設けました。たとえば、入社半年の社員ががんに罹患した場合、有休の10日にナイチンゲール休暇の3日間、ダブルエール休暇の12日間、さらにナイチンゲールファンド休暇の12日間の合計37日間は確保できることになります。コロナ感染拡大以降は、ナイチンゲール休暇をコロナ感染やワクチン接種後の副反応で休む場合に使う社員もいます。

RANKING

5:30更新
  • 連載
  • ビジネス
  • 総合