NEW

「数少ない日本派の政治家でいい人」田母神俊雄が見た安倍元首相…メールで進言した日

文=小川隆行/フリーライター
【この記事のキーワード】, ,
元航空幕僚長の田母神俊雄氏
元航空幕僚長の田母神俊雄氏

 凶弾に倒れた安倍晋三元首相。内閣総理大臣在職日数3188日は憲政史上最長で、アベノミクスや日米同盟の強化など、日本の力を高めるべく奮迅した。

「日本の政治家のほとんどは、日本の国益よりアメリカや中国と仲良くすることを優先するアメリカ派、もしくは中国派です。そんな中、安倍さんは数少ない“日本派”の政治家といえる人でした」と語るのは、元航空幕僚長の田母神俊雄氏だ。

 核武装や歴史認識などの思想を通じて「日本を強くするための政策」を安倍氏と共有してきた田母神氏に、安倍氏との思い出を聞いた。

憲法無効論に「その主張には乗れない」

「最初に出会ったのは、安倍さんが内閣官房副長官だった2000年頃です。当時、私は航空幕僚監部装備部長で、直接の所掌業務ではありませんでしたが、福利厚生など自衛隊の処遇改善を安倍さんにお願いに行ったことがありました。7年後、私は航空自衛隊のトップである航空幕僚長に就任しましたが、任命いただいたのは第一次政権時の安倍総理でした」

 2008年、田母神氏は「日本は侵略国家であったのか」と題する論文を発表。その中身は、日本という祖国を愛する田母神氏が、戦後のGHQ政策により間違った歴史教育が行われてきたことを問いただす内容だった。

 しかし、「航空自衛隊幹部が政府見解に反する論文を出した」として、田母神氏は退官に追い込まれた。ちなみに、退官当時は麻生内閣だった。

「退官から1年後、退官時にやってもらうことができなかった退官パーティーを自ら開催しました。明治記念館に400人ほどを招待して『1年遅れの退官式』を行ったのですが、安倍さんにもご臨席いただき、ごあいさつをいただきました」

 その後、田母神氏は政治団体「頑張れ日本!全国行動委員会」の会長に就任。政治活動を始めると、安倍氏との付き合いは深まっていった。

「安倍さんとは、何度か食事を共にしました。一昨年、総理を辞める直前には『日本国憲法無効論』を説く私の友人と共に議員会館を訪ね、『現憲法96条の規定に基づく憲法改正は無理だと思うので、国会で無効決議をして新憲法に移行してはどうか』『今の憲法はアメリカの占領下で定められており、国際法的に無効である』という話をさせていただきました。早い話、アメリカに押し付けられた憲法ですね。『その主張には乗れない』と言われましたが、説明は十分に聞いてくれました」

 政治家の中には「こんな陳情は聞けない。早く終われ」という空気を醸し出す人も少なくないが、「安倍さんは最後まで耳を傾けてくれた」と田母神氏は語る。

RANKING

5:30更新
  • ジャーナリズム
  • ビジネス
  • 総合