NEW

タクシードライバーが教える、本当に危ない「交通違反取り締まりスポット」

文=後藤豊/ライター兼タクシードライバー
【この記事のキーワード】, ,
日曜の早朝に少なくない交通違反の検挙場面
日曜の早朝に少なくない交通違反の検挙場面

「渋谷から六本木に向かい、六本木6丁目の交差点を赤羽橋方向に向かって六本木ヒルズに入らず側道を走ると、その先に一時停止の標識があるんだけど、その先でよく見張っているから注意するように」

 タクシー業界では、月1回行われる定例会でさまざまな情報交換をすることもある。時には乗客から「急いでくれ」と急かされるが、交通違反をしてしまえば、さまざまなペナルティが待っている。

 たとえば、一般道路で時速30kmオーバーをすると違反6点で一発免停となる上、反則金ではなく「6カ月以下の懲役、または10万円以下の罰金」が科せられる(普通車の場合)。平均日給1~2万円の仕事でこんな多額の罰金を取られ、さらに免停になっては、好きな仕事も嫌になる。「急いでくれ」と言われたら「急いでいるフリをする」のが賢明だ。

環七&環八通りは要注意?

 タクシードライバーである私も、当然ながらこうした情報には敏感だ。同僚でローカル(経済の中心となっている区域以外での営業をする運転手。東京で言えば港区、千代田区、中央区、品川区、渋谷区、新宿区以外などの区域)を主体とする40代の運転手が語る。

「毎日のように見張っているのが環七の内回り、板橋本町から練馬区の豊玉陸橋までの区間は危ないね。東武東上線との立体交差や桜台陸橋周辺では、車線変更禁止の黄色い車線になるでしょ。カーブが多く先が見えにくいんだけど、橋を降りた先で巡査が見張っている。土日祝日は、ほぼ毎日やってるよ。しかも早朝から。車線変更禁止区域では絶対に変更しないことだ」

 進路変更禁止違反は減点1点で反則金は普通車6000円(大型車7000円、二輪車6000円、原付5000円)だ。

「あと、車が少なくて飛ばしやすい日曜の朝は、内回り・外回り両方でスピード違反の取り締まりもしているよ。板橋区双葉町の陸橋周辺などでは速度を落としなよ」(前出の運転手)

 ほかにも、環七通りでは大田区のJR京浜東北線と交差する付近に移動式オービスが仕掛けられることがままある。休日の環七はスピードが出やすくなるが、体感的に「飛ばしていない」と感じる時速20~24kmオーバーで普通車1万5000円(大型車2万円、二輪車1万2000円、原付1万円。違反点数は2点)だ。

 ほかにも杉並区や世田谷区、目黒区など、環七は「交通違反摘発の宝庫」である。

 もちろん都心も要注意だ。内堀通りで皇居を左に見ながら丸の内方面に向かうと、祝田橋の手前100mぐらいから進路変更が禁止になる。

「左側二車線が空いていると進路変更する車も多いけど、祝田橋交差点周辺では白バイも見張っているので注意した方がいい。ほかにも皇居付近は三宅坂交差点も進路変更禁止区域で、取り締まりの重点地点だよ」(同)

覆面パトカーの見極め方

 速度違反の取り締まりは、速度の出やすい箇所で行われることも。たとえば、新宿駅南口を過ぎ、明治通りを越えた新宿御苑トンネルの手前だ。

RANKING

5:30更新
  • ヘルス・ライフ
  • ビジネス
  • 総合