NEW

書店で無作為で選んだ…鳥取県、有害図書指定でアマゾン販売中止、不透明な審議過程

文=Business Journal編集部、協力=山岸純弁護士/山岸純法律事務所代表
書店で無作為で選んだ…鳥取県、有害図書指定でアマゾン販売中止、不透明な審議過程の画像1
『アリエナイ医学事典』(三才ブックス公式オンラインショップより

「なぜ一自治体の判断が、世界最大の通販サイトであるAmazonに影響を及ぼすのか?」「鳥取県で本を売ること自体、もはやリスクといえる」

 三才ブックス(東京都)の『アリエナイ医学事典』『裏グッズカタログ2022』などの書籍3冊が今年2月、著者や出版社に知らされることなく通販大手Amazonのホームページから削除され、事実上、流通できなくなった。

 3冊の編集を担当した三才ブックス『月刊ラジオライフ』編集部が中心になって、Amazon側に理由を問い合わせたところ、「鳥取県がこの3冊を有害図書に指定したこと」「有害図書を販売業者の所在地に関係なく禁止対象としていること」と回答があったのだという。三才ブックスは公式サイト上で、『月刊ラジオライフ』10月号に掲載されていた鳥取県やAmazonとのやり取りに関する経緯を掲載。同記事で冒頭のように問題提起した。

“医学史の闇”を記して有害図書指定

 この小野浩章ラジオライフ編集長の署名記事によると、鳥取県が有害図書指定をしたのは、医療の黒歴史や都市伝説を医学的に検証した『アリエナイ医学事典』、3Dプリンタなどを利用した吹き矢など“暗黒玩具”の作り方を紹介した科学工作本『アリエナイ工作事典』、スマホ周辺機器、サバイバル用品などの市販品を紹介する『裏グッズカタログ2022』の3冊という。

 なお『医学事典』は当編集部が属する出版社サイゾー内のTOCANA編集部が手がけたウェブ連載を中心にまとめたものだ。

 鳥取県青少年健全育成条例の有害指定基準は「性的感情を刺激するもの」「粗暴性又は残虐性を誘発し、又は助長するおそれのあるもの」「薬物の使用を著しく誘発し、又は助長するおそれのあるもの」の3つだ。『医学事典』は全3項目が該当したのだという。

 同書は冒頭で、ニセ医学を批判。性的虐待や危険薬物の使用など現実にあった医学史の闇を、50本の記事で平易に解説したものだ。後書きで「標準治療」の重要性にも触れている。

 小野編集長は他の2冊も含め、指定の妥当性に反論。同県の条例の構造的な問題により、同県内での書店での販売中止にとどまらず、「Amazonから削除される」という全国的な問題に発展したことも疑問視している。指定の審議プロセスについて、鳥取県側に問い合わせたものの、「審議の議事録」がなく、具体的に書籍のどの記述が規制に触れたのかについては、明らかにされなかったという。

 また、3冊を指定したことの通知もなく(Amazonから削除されたことで知った)、指定に対する反論の機会もなかったという。

著者・亜留間次郎氏「鳥取県の有害指定審議に透明性全くない」

 前述の記事で小野編集長は以下のように述べる。

「作り手側には反論の機会を一切与えられないまま、一方的に『有害』だと決めつけ販売まで規制する。これはまさしく公権力による暴力そのものではないでしょうか。

 表現の自由&出版の自由があるからといって、我々は何でも好き勝手に掲載してきたわけではありません。露悪的な表現を取ることが多いため、そう見られがちですが、それは読者に興味を持ってもらうための手法にすぎません。改正される度に厳しくなる法律に沿って、明白な危険と思われる箇所はカットするなど自主規制しています。『昔の方が過激で面白かった』『なんか丸くなった…』などと言われることがありますが、時代の空気を読みながらその時できる限りのことをやっているわけです」(原文ママ)

RANKING

11:30更新
  • 企業・業界
  • ビジネス
  • 総合