NEW

鳥取県が有害図書指定→アマゾン販売停止、有識者が議論なしで決定、判断基準が不明

文=Business Journal編集部
【この記事のキーワード】, , ,
鳥取県が有害図書指定→アマゾン販売停止、有識者が議論なしで決定、判断基準が不明の画像1
有害図書指定を受けた『アリエナイ医学事典』(三才ブックス公式サイトより)

 鳥取県が青少年健全育成条例に基づいて三才ブックス(東京都)の書籍3冊を有害図書に指定したところ、同条例が県外のECサイトでの販売規制を明言していたため、Amazonが販売を停止した問題で、鳥取県は8日、有害図書指定の理由を鳥取県庁在籍のメディアに発表した。三才ブックス側によると説明資料などが「唐突に」メールで送付されてきたという。こうした鳥取県の対応について、有害図書指定された3冊の編集を担当したラジオライフ編集部の小野浩章編集長は16日、Twitterと公式サイト上に反論を掲載。あらためて鳥取県の対応に疑問を呈した。

委員が議論せず投票→後になって理由を公表?

 同社は有害図書指定の経緯について同県に対して情報公開請求をしていた。しかし、県は指定に携わっている有識者委員が議論をせず、投票によって決まっていると説明し、「そのため議事録がない」と主張していた。ところが今回、県が公表した「指定理由」では、「ピッキングツール」の購入サイトを示していることなど12項目を挙げた。

 小野編集長は、同社の情報開示請求などを通じて得られた前述の鳥取県の説明を踏まえ、「今回の指定にあたっては、委員が図書を閲覧し、個別の発言をすることなく、投票によって指定すべきと判断されたことになり、そうであれば、本書面に記載されている指定理由についての議論はなされなかったと考えるしかありません。即ち、本書面に記載されている指定理由は、『後付け』によるものにほかなりません」と不信感をにじませる。

 そのうえで、「指定の内容に関しても言いがかりのようなものであり、基本的人権である『表現の自由』への大きな侵害であると同時に、『青少年への悪影響』などという都合の良い言葉を盾として使い、公権力を濫用していると判断するに十分すぎる内容でした。彼らは自分たちが運用している鳥取県の条例施行規則さえ、きちんと理解していないことが明確になったといえます。条例の枠組みを越えて、曖昧で主観的な『雰囲気』で指定していることを自白しているようなものです」と述べ、さらに以下のように法的な問題点を指摘した。

「鳥取県は、鳥取県青少年健全育成条例施行規則第 8 条の規定を根拠として、当該図書の表現の“一部”を理由として、有害な図書類にあたるとしています。しかし、今回慌てて出してきた本書面で鳥取県側が示しているのは、規則 8 条各号への該当理由にすぎません。

 例えば『殺人、強盗、 傷害、暴行その他の反社会的行為の準備又は実行行為の手段又は経過を詳細かつ著しく刺激的に表現しているもの』という規定が多用されています。

 この規定には、『全体的な内容が生命の尊厳を損なうような表現により殺人、暴力等を興味本位に取り扱うことを主眼としていると認められるもの』という重要な前提があります。 各号への該当性のみならず、この前提が認められなければ、指定基準には該当しません」

 小野編集長は当編集部に「個別の指定理由についての反論的なものは、改めて(ラジオライフの誌上で)記事化しようと考えています」と語った。

RANKING

11:30更新
  • ジャーナリズム
  • ビジネス
  • 総合