NEW

「なぜ不倫で社長を辞任する必要が」スノーピーク、経営者的な能力は別問題か

文=Business Journal編集部、協力=鈴木貴博/百年コンサルティング代表
【この記事のキーワード】, ,
「なぜ不倫で社長を辞任する必要が」スノーピーク、経営者的な能力は別問題かの画像1
スノーピーク社長を辞任した山井梨沙氏(同社HPより/現在は削除済)

 アウトドアメーカー大手のスノーピークは、山井梨沙社長が既婚男性との交際と妊娠を理由に辞任すると発表。いわゆる不倫を理由に社長を辞任するかたちとなったが、企業経営者の間からは「経営者個人のプライベートの問題と経営者としての資質・能力の問題を分けて考えるべきでは」「なぜ社長を辞任する必要があるのか」という声も聞かれる。

 スノーピークの業績は好調だ。2021年度の売上高は前期比53%増の約257億円となり、05年以降16期連続の増収を続けており、22年度も売上高は前期比27.2%増の327億円、純利益は同21.0%増の33億円を見込んでいる。主力のアウトドア事業に加え、山井氏が14年に立ち上げたアパレル事業も年間売上高25億円を上げる収益事業に育ち、キャンピングオフィスやレストラン、温浴施設など事業の多角化も推し進めている。

 山井氏は同社創業者で祖父の山井幸雄氏、2代目社長で父の山井太氏の跡を継ぐ3代目として2年前の20年に社長に就任。これまで2冊の著書を出版し、積極的にメディア出演もこなし「次世代を担う若き女性経営者」としてクロースアップされてきた。

「山井氏は社長就任直後にコロナによる初の緊急事態宣言発出という事態に見舞われ、SNSやECの活用に注力するなど迅速に対応し、コロナ禍のなかでも増収増益を維持してきた。経営者として一定の評価を得ているのは事実だが、そもそも山井氏は会社の業績が右肩上がりのなかで社長に就任し、父の山井太氏も会長として経営の指揮を執っていることから、経営者としての真価が問われるのはこれからというところだった。

 特にスノーピークのようなBtoC企業の場合、社長が積極的にメディアに出て情報を発信するのは重要なことだが、世間的にも目立つ存在となり、32歳(当時)で父の跡を継いで社長になったことから“世襲”という声もあり、さまざまな外野の声に加えて、一部上場企業の社長というプレッシャーも重なり、不倫という道に逃げてしまった面もあるのかもしれない」(小売り業界関係者)

「経営者としては同情してしまう面も」

 スノーピークは21日付で発表したリリースで、

「山井梨沙から、既婚男性との交際及び妊娠を理由として、当社及びグループ会社の取締役の職務を辞任したいとの申し出がありました」

「本件を重く受け止め、代表取締役会長執行役員山井太から役員報酬3ヶ月分の20%を、代表取締役副社長執行役員高井文寛から役員報酬3ヶ月分の10%を自主返上したいとの申し出があり、当社としてこれらの申し出を受理することを決定いたしました」

としているが、都内のベンチャー企業役員(40代)はいう。

「少し前にフリーアナウンサーの小川彩佳アナの前夫で医療ベンチャー、メドレーの代表取締役医師を務めていた豊田剛一郎氏が、不倫が報じられて同職を辞任した騒動があったが、不倫相手の女性と出会ったきっかけは経営者仲間ら知人たちと行ったクルージングだった。東京だと、ベンチャー企業経営者がプライベートでゴハンしたりするのは、どうしても同業者になりがち。各人が知り合いの女性などを呼んで羽目を外すこともあるが、酔って愚痴ったり情報交換したりして同じ悩みや苦労を分かち合えるので、いいガス抜きになるし、それはそれで重要でもある。

RANKING

11:30更新
  • 企業・業界
  • ビジネス
  • 総合