NEW
鈴木貴博「経済を読む“目玉”」

円安について世界一やさしい説明…際限なき物価上昇という絶対に避けたいシナリオ

文=鈴木貴博/百年コンサルティング代表取締役
【この記事のキーワード】, ,
円安について世界一やさしい説明…際限なき物価上昇という絶対に避けたいシナリオの画像1
円安について世界一やさしい説明(「gettyimages」より)

 つい先日、ラジオ番組に呼ばれて「円安」の話をすることになりました。聴取者層が比較的若いというか、十代の中高生も聴いているラジオ番組だということで、とにかくわかりやすく今の円安について説明しました。かなり頭をひねって考えた結果、良い評判をいただくことができました。それを今回、記事にしてみたいと思います。

 題して「世界一やさしい円安の教室」です。生活をおびやかす円安について「よくわからない」と疑問をお感じの方、ぜひお読みください。

第1時限:円安って何が困るの?

 みなさんがなんとなく知っている通り、円と米ドルの交換比率は市場で決まっています。円を買いたい人、ドルを買いたい人それぞれの提示価格が一致する箇所でその瞬間の為替レートが決まります。最近流行のFXトレーダーなどが頻繁に通貨の売り買いをしているので、為替レートも1秒以下の単位ですばやく上下します。

 今、この原稿を書いている日についに為替レートは1ドル=145円になりました。1年前は1ドル=110円前後でしたから円の価値は1年で約4分の3に減ったことになります。

 円が安くなるということはドルで買い物をする際の価格が跳ね上がることを意味します。最近ハワイに出かけた人が「丸亀製麺で安く食事をすませたつもりが一人2000円かかった」と報告してくれました。なんでこんなに高くなるかというと、もともと日本よりちょっとだけ高い肉うどん(6.25ドル)に1個1.80ドルぐらいの天ぷら3つ選んだとして、合計が11ドルになるとします。消費税とチップを払うと支払いは14ドルぐらいになるでしょう。

 この14ドルが曲者で、以前だったら「1500円くらい?」と思っていたところ、1ドル=145円で計算し直したら、なんとなんと丸亀製麺での食事代が2000円になってしまうわけです。

 要するに円が安くなると、外国での買い物が高くなるわけです。それだけなら海外旅行に行く人だけの話ですが、日本で暮らしていても海外から買うものは全部高くなります。具体的には輸入する原油も高くなるのでガソリン代や電気代が上がりますし、輸入小麦が上がればパンやうどんの価格が上がります。国産の牛肉だって、育てるための飼料はアメリカ産のトウモロコシを使っていますから、やっぱり値段が高くなる。日本は資源も食糧も輸入する国なので円安が起きると庶民の生活は苦しくなるのです。

第2時限:円の価格はどう決まっているの?

 さて1ドル=145円になって「いくらなんでも円が安すぎる」と国民の不満が出ています。一方で10年くらい前に円高だった頃がありました。1ドル=80円の時代があったのですが、そのときは逆に輸出産業が苦しんで「円高不況」と呼ばれました。どうやら円は安くても困るし、高くても困るようですが、では適正水準とは何なのでしょうか?

 実際に世の中の意見を聞いていると1ドル=100円~110円あたりが妥当な水準だと言う人が多いようです。でも仮に1ドル=100円が適正だという場合、その根拠はいったい何なのでしょう。

 実は本質的には通貨の価格は「国際社会の中での日本の実力」に比例します。ちょっと難しいですか? もっとくだけた形で経済を芸人さんの世界に例えると、円の価格は「日本という国のギャラ」だと考えることができます。私が子供の頃は1ドル=360円という時代がありました。今と比較してもものすごく円安ですね。その理由は1970年頃までは日本は途上国だったからです。日本が経済的に実力がなかった。だからその時代、日本のギャラは低かったのです。

 ところが高度成長期に日本経済は発展して、どんどん経済的な実力が上がってきます。日本製品の品質がとてもよくなって、メイドインジャパンはお値打ち品になっていきます。こうして日本経済の実力が上がると、日本のギャラも上がります。これが円高です。

 1960年代には1ドル=360円だったのが1971年に308円になり、その後240円になり、1985年には「それでも日本のギャラが低すぎる」ということで1ドル=150円への大幅な円高が起きるのです。その当時はみんな大幅な円高と言っていましたが、それでも今の為替よりもまだ安いんですけれどね。

 そして日本経済が絶好調期を迎えるのですが、面白いことにこうして考えると円高は経済の成長から10年くらい遅れて起きているのです。ここも芸人さんのギャラと同じです。先に実力が上がって、世間の評価が上がって、その後でようやくギャラが上がる。

円安について世界一やさしい説明…際限なき物価上昇という絶対に避けたいシナリオのページです。ビジネスジャーナルは、連載、, , の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!