NEW

ヒカキン、動画で医学的根拠のない民間療法を紹介…「吸い玉」「水素整体」に疑問の声

文=佐藤勇馬
【この記事のキーワード】,
HIKAKINが「エセ医療」を紹介してしまい炎上⁉の画像1
Twitter「HIKAKINヒカキン【YouTuber】(@hikakin)」より

 人気YouTuberのヒカキンが20日、自身のYouTubeチャンネルを更新。マネージャーの計らいで身体を癒すための6つの施術を受けるという内容だったが、医学的根拠がないとされる民間療法などがあったため、ネット上で「ヒカキンが動画でエセ医学を紹介している」などと問題視される事態になっている。

 動画では、日々の激務によって疲れがたまっているヒカキンが「ボキボキ整体」「耳かき」「足つぼマッサージ」「ヘッドマッサージ」などの施術を次々と受けることに。その中でとくにネット上で問題視されたのが、東京・銀座の鍼灸院で受けた「吸い玉(カッピング)」と呼ばれる療法だった。

 「吸い玉」とは、ガラスやプラスチックのカップをぴったりと背中などに張り付け、空気を出すことで皮膚を吸い上げるもの。院長によると、ドロドロとした「血液の滞り」を取り除く効果があるという。施術後にカップの痕がつくのが特徴で、ヒカキンはたくましい背中に吸い玉の痕がついた写真をTwitterで公開している。さらに、院長は筋膜が滑らかになるという「水素整体」なる療法も実施。「水素水の1000倍の濃度がある」というマグネシウムと水素を混ぜ合わせたとされるジェルを塗るもので、これを身体全体に塗ってラップとアルミを使ってパックしていた。

 これに対して、ネット上では「ヒカキンさんが自分で選んだわけではないとはいえ、吸い玉と水素整体って……」「水素水の1000倍の濃度ってあり得るの?」「ヒカキンみたいな人が吸い玉のような民間療法を紹介するのってどうなんだ」などと疑問の声が噴出。さらに、Twitterで皮膚科専門医が「(吸い玉に)適切な科学的根拠なし。副作用は怪我、感染症、肌の変色、貧血など多数」「インフルエンサーは健康情報の真偽を見極めることはできません。そして、まねしたファンが健康被害を受けても、彼らは責任を取りません」と指摘するなど、批判的なコメントが相次いでいる。

 かつて、吸い玉は有名アスリートらが施術を受けるなどブームとなったことがあったが、アメリカ国立補完統合衛生センターは「痛みを軽減することはあるかもしれないが、その根拠は明確に証明されていない」「持続的な皮膚の変色、傷痕、やけど、感染症などの副作用を引き起こし、湿疹や乾癬を悪化させる可能性がある」と指摘しており、リスクがはっきりしている一方で医学的根拠は証明されていない。施術を受けて身体が楽になったという人もいるので完全否定するべきではないが、整骨院や鍼灸院などが効果をうたって施術することには批判がある。

ヒカキン、動画で医学的根拠のない民間療法を紹介…「吸い玉」「水素整体」に疑問の声のページです。ビジネスジャーナルは、芸能・エンタメ、, の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

RANKING

17:30更新
  • エンタメ
  • ビジネス
  • 総合