NEW

立憲民主党・尾辻かな子氏、駅広告に「女性の性的なイラスト」と訴えて物議 乙武洋匡氏が別角度からツッコミで波紋

文=佐藤勇馬
【この記事のキーワード】,
立憲・尾辻かな子氏「女性の性的なイラストが堂々と駅出口で広告に」発言が物議の画像1
Twitter「尾辻かな子(@otsujikanako)」より

 立憲民主党の前衆議院議員・尾辻かな子氏がTwitterで公開した駅広告の写真が物議を醸している。「女性の性的なイラスト」であるとする尾辻氏の意見に対して賛否が寄せられ、作家の乙武洋匡氏も参戦するなど波紋が広がっているようだ。

 尾辻氏は今月26日、自身のTwitterに「JR大阪駅の御堂筋口。こんな広告が…。2022年の日本、女性の性的なイラストが堂々と駅出口で広告になるのか…」とつづり、JR大阪駅で撮影したという4枚の駅広告の写真を投稿した。広告は対戦型麻雀ゲーム『雀魂(じゃんたま)』と人気麻雀アニメ『咲-Saki-全国編』のコラボ開催を告知するもので、駅通路の柱にバニーガールや水着などの肌の露出の多い衣装をまとった女性キャラクターの姿が描かれている。

 尾辻氏はその是非をはっきりとは示していないが、「女性の性的なイラスト」という言葉からは否定的なニュアンスが感じられる。これに対して、ネット上では「大阪駅の御堂筋口って外国人観光客の方もたくさんいらっしゃるから、どう見られているのか不安」「こういった公共での女性(特に未成年者)の表現に対して無自覚なのは恥ずかしい」「性的な表象が子どもに与える影響について、日本はもっと丁寧に考えていかなければ」などと、尾辻氏に賛同するコメントが相次いだ。

 だが、その一方で「本当に性的だと思ってるなら、無加工で誰でも見られるTwitterにアップするのは矛盾してますね」「R18でもないなら、性的か否かを判断するのは主観のみです。一度、ご自身の主観を疑われてみては?」「多様性が大事と言いながら、何が性的なのかも提示せずに感情的に特定の表現を潰そうとしている」といった批判も殺到。尾辻氏の問題提起の仕方や表現そのものの是非などについて賛否両論が起きている。

 そんななか、作家の乙武洋匡氏が別角度からツッコミを入れて話題を呼んでいる。乙武氏は27日、自身のTwitterで尾辻氏のツイートを引用しながら「相撲とか『anan』の表紙って、誰も『性的』だと言わないよね。なんで男性の裸体はいいんだろう?」と疑問を投げかけたのだ。投稿には女性誌「anan」(マガジンハウス)の表紙画像が添えられ、俳優の横浜流星が胸元や腹筋をあらわにした姿が写っている。

立憲民主党・尾辻かな子氏、駅広告に「女性の性的なイラスト」と訴えて物議 乙武洋匡氏が別角度からツッコミで波紋のページです。ビジネスジャーナルは、ジャーナリズム、, の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

RANKING

17:30更新
  • ジャーナリズム
  • ビジネス
  • 総合