NEW

嵐・大野智主演『世界一難しい恋』の競馬PRとしか思えない「名前」の数々に驚愕

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
live0319.jpg「AC photo」より

 嵐の大野智が主演するドラマ『世界一難しい恋』(日本テレビ系)の初回が1日に放送された。ホテル事業の社長である鮫島(大野)と、社員である柴山美咲(波瑠)の恋愛模様をつづるドラマ。初回視聴率は12.8%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)とまずまずのスタートを切ったようだ。

 今をときめく嵐のリーダーと、朝ドラ『あさが来た』(NHK)で大ブレイクを果たした女優の共演ということで注目度の高い今作だが、本項はドラマの内容にからむ話ではない。本来ドラマにまったく関係ない領域の”ファン”が大騒ぎしているのだ。

 「鮫島」、「柴山」という主演キャスト2名の名前を聞いただけで気づいたアナタ、完全なる競馬好きですね――。

 そう、このドラマ、主要キャストのほとんどが「競馬関係者」の名字を使っていると話題になっているのだ。

 主演2名はもとより、「堀」「三浦」「丸田」「音無」「和田」などなど、競馬ファンならピンとくる名前だらけ。無論すべてではないのだが、「丸田」と「音無」と「鮫島」という変わった名字が一堂に会するような偶然などあるのだろうか。どう考えても意図的なような……。

 ちょうど今週は豪華メンバーで話題の皐月賞。まさか日本テレビが競馬を盛り上げようとPRしてくれたのだろうか。放映権を持っていないはずなのに。単純に制作側が競馬好きというだけか。

 なお、競馬関係者の名前が多数使われたドラマは他にもある。長澤まさみ主演で2012年、2013年と放送された『都市伝説の女』(テレビ朝日系)も、「音無」「勝浦」「丹内」「岩田」「浜中」「柴山」と競馬ファンなら一目瞭然の名字オンパレードとなっている。このドラマでは「武」という名字のキャラまで出るのだから徹底している。というかあからさまだ。

 テレビ関係者の中にも競馬好きは多数いるということか。よくよく考えると、現在ドラマ制作の中心を担っているであろう世代は、1990年代中盤から後半にかけての「競馬黄金期」に青春時代を過ごしている人が多い可能性が大きい。あの時代に競馬の面白さを楽しんでしまったら、魅力に取り付かれてしまうのも理解できる。

 なんにせよ、競馬をこよなく愛する本サイトとしては『世界一難しい恋』のようなドラマは大歓迎だ。応援していきたい。

嵐・大野智主演『世界一難しい恋』の競馬PRとしか思えない「名前」の数々に驚愕のページです。GJは、エンタメ、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!