NEW

デムーロ、ルメール、武豊騎手とも深い親交! 海外遠征取材を20年超継続、平松さとし氏が語る『勝利の条件』(前編)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
hiramatusatoshi3.jpg平松さとし氏(撮影:編集部)

 昨年から日本競馬の「通年騎手」となり、破竹の勢いで勝ち鞍を上げるM・デムーロ騎手とC・ルメール騎手。そんな日本で活躍する”異国のサムライ”お二人の本質に迫る共著『ミルコ・デムーロ×クリストフ・ルメール 勝利の条件』(KADOKAWA)が今月7日に発売されました。そこで今回は、同著の構成を担当し、お二人との親交も深い平松さとし氏にお話をうかがいます。デムーロ・ルメール両騎手の力量や欧州の騎手について、日本がなかなか勝てない凱旋門賞、日本競馬全体への思いなど、20年以上日本馬の海外遠征を取材してきた平松氏だからこそのお言葉をいただくことができました。

記者:本日はよろしくお願いいたします。『ミルコ・デムーロ×クリストフ・ルメール 勝利の条件』、楽しく読ませていただきました。

平松さとし氏(以下平松):こちらこそよろしくお願いいたします。ありがとうございます。

記者:本書は、デムーロ騎手とルメール騎手、それぞれのキャラクターがにじみ出る構成で、お二人の人間性が浮き彫りになる興味深い内容だと思いました。競馬ファンにとって、この外国人騎手2名が「すごい」ということは成績や活躍を見れば一目瞭然ですが、具体的に「何が」すごいのか、興味を持っているファンも多いと思います。親交のある平松さんからご覧になって感じる、お二人の「すごさ」とはなんでしょう。

平松:技術的な面やレースの時々での対処に関しては、世界中で騎乗した経験がある分優れているのは当然なんですが、彼らはとにかく日本人の競馬関係者から「愛されて」いますよね。まずそこが大きいと思います。

記者:好かれている。

平松:そうです。短期免許制度で来日する外国人騎手は毎年非常に多いですが、中にはプライドが高くて日本に馴染めない騎手もいます。騎乗スタイルに関しても、日本と欧州でどちらがいい悪いということではないんですが、日本のスタイルに順応できず、自国のような成績が挙げられない騎手が多いというのも事実です。そんな中、彼らは本当に溶け込んでいますし、競走馬のオーナーや関係者とも非常に上手く関係を築いているといいますか(笑)。まずそういった点が素晴らしいなと。

記者:日本のスタイルと欧州を中心とした外国人騎手のスタイルの「違い」という点で、具体例などはあるのでしょうか。

平松:どのスポーツでも同じですが、競馬も各国によって「暗黙のルール」のようなものがあります。例えば日本の場合、安全第一の観点からレースの際「内ラチ沿いで1頭分のスペースを空ける」というのがあります。しかし、外国人騎手が来日した際、その「暗黙のルール」を知らないと「いいスペースが空いてるじゃないか」とガンガン入り込んでいくわけです。それによって他の騎手や関係者とモメて……というパターンはありましたね。その点もデムーロ騎手とルメール騎手はわきまえているということです。

記者:各国の「競馬文化」そのものに馴染むかどうか、ということですね。

平松:そうですね。

記者:デムーロ騎手、ルメール騎手がこれだけの活躍をする中で、「外国人騎手」の実力を改めて感じざるを得ないわけですが、長年海外遠征を取材される中で、外国人騎手の特徴や、日本人騎手と比較した際の違いなどはどういったところでしょう。

デムーロ、ルメール、武豊騎手とも深い親交! 海外遠征取材を20年超継続、平松さとし氏が語る『勝利の条件』(前編)のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!