NEW

『史上最強世代・最終章』最後に笑うのは「2強」か「新勢力」か……「強い馬が勝つ」菊花賞(G1)に競馬界の将来を担う素質馬が集結!

【この記事のキーワード】

, ,

satukishoukikkashou.jpg最強世代、最後の一冠へ(競馬つらつらより)

 日本ダービー(G1)を勝ち世代の頂点に立ったマカヒキが世界の壁に跳ね返され、リオンディーズやスマートオーディンといった世代トップクラスの馬が相次いでリタイアした。だが、それでも最後の一冠・菊花賞(G1)には『史上最強世代』の名に恥じぬ、素晴らしい素質馬が集結した。

「春の実績馬」と「夏の上がり馬」が激突するクラシックの集大成……。淀の3000mを巡る攻防の幕が今、開こうとしている。

 最後の一冠もこの馬が主役を務める。世代唯一「二冠」の資格を持つ皐月賞馬ディーマジェスティ(牡3歳、美浦・二ノ宮敬宇厩舎)が日本ダービーに次ぐ1番人気となりそうだ。

 前走のセントライト記念(G2)では単勝1.4倍という圧倒的な人気。後方10番手から一捲りし、上がり最速の34.5秒。着差こそゼーヴィントとクビ差だったが、手応えには余裕がありG1ホースとしての貫禄さえ感じさせる凄みがあった。

 美浦のウッドコースで行なわれた1週前追い切りは、5ハロン67.3秒でラストが12.7秒。3頭併せから力強く抜け出した。鞍上の蛯名正義騎手は「前走もデキがよかったから、すごく変わったというところはないけど、順調なのが何より。落ち着きもある」と好感触。見守った二ノ宮調教師も「息使いもいい」と合格点を与えている。

 敗れた日本ダービーは、中間でアクシデントがあった。それを受けて師は「ダービー前より、上手く調整できている」と順調さを強調する。距離に関しても「大丈夫じゃないか」と自信を深めていた。

 関東馬の勝利は2001年のマンハッタンカフェが最後。ディーマジェスティが二冠達成により関東馬の連敗に終止符を打ち、名実ともに世代No.1に駆け上がる。

 どうしても最後の一冠だけは譲れない……サトノダイヤモンド(牡3歳、栗東・池江泰寿厩舎)がクラシック制覇の悲願達成に向けて最後の意地を見せる。

『史上最強世代・最終章』最後に笑うのは「2強」か「新勢力」か……「強い馬が勝つ」菊花賞(G1)に競馬界の将来を担う素質馬が集結!のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!