NEW

『史上最強世代・最終章』最後に笑うのは「2強」か「新勢力」か……「強い馬が勝つ」菊花賞(G1)に競馬界の将来を担う素質馬が集結!

【この記事のキーワード】, ,
satukishoukikkashou.jpg最強世代、最後の一冠へ(競馬つらつらより)

 日本ダービー(G1)を勝ち世代の頂点に立ったマカヒキが世界の壁に跳ね返され、リオンディーズやスマートオーディンといった世代トップクラスの馬が相次いでリタイアした。だが、それでも最後の一冠・菊花賞(G1)には『史上最強世代』の名に恥じぬ、素晴らしい素質馬が集結した。

「春の実績馬」と「夏の上がり馬」が激突するクラシックの集大成……。淀の3000mを巡る攻防の幕が今、開こうとしている。

 最後の一冠もこの馬が主役を務める。世代唯一「二冠」の資格を持つ皐月賞馬ディーマジェスティ(牡3歳、美浦・二ノ宮敬宇厩舎)が日本ダービーに次ぐ1番人気となりそうだ。

 前走のセントライト記念(G2)では単勝1.4倍という圧倒的な人気。後方10番手から一捲りし、上がり最速の34.5秒。着差こそゼーヴィントとクビ差だったが、手応えには余裕がありG1ホースとしての貫禄さえ感じさせる凄みがあった。

 美浦のウッドコースで行なわれた1週前追い切りは、5ハロン67.3秒でラストが12.7秒。3頭併せから力強く抜け出した。鞍上の蛯名正義騎手は「前走もデキがよかったから、すごく変わったというところはないけど、順調なのが何より。落ち着きもある」と好感触。見守った二ノ宮調教師も「息使いもいい」と合格点を与えている。

 敗れた日本ダービーは、中間でアクシデントがあった。それを受けて師は「ダービー前より、上手く調整できている」と順調さを強調する。距離に関しても「大丈夫じゃないか」と自信を深めていた。

 関東馬の勝利は2001年のマンハッタンカフェが最後。ディーマジェスティが二冠達成により関東馬の連敗に終止符を打ち、名実ともに世代No.1に駆け上がる。

 どうしても最後の一冠だけは譲れない……サトノダイヤモンド(牡3歳、栗東・池江泰寿厩舎)がクラシック制覇の悲願達成に向けて最後の意地を見せる。

『史上最強世代・最終章』最後に笑うのは「2強」か「新勢力」か……「強い馬が勝つ」菊花賞(G1)に競馬界の将来を担う素質馬が集結!のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

5:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA 武豊で3年間「未勝利馬」が一変、藤田菜七子「G1制覇」のチャンスも…今春G1“主役”の結果は【2022年上半期『GJ的』7大ニュース】前半戦
  2. JRA今村聖奈「先約破棄」でテイエムスパーダ騎乗の謎……CBC賞(G3)重賞初騎乗Vチャンス到来も、自厩舎馬からまさかの乗りかえ
  3. 宝塚記念(G1)元JRA藤田伸二氏、田原成貴氏が揃って「大失敗」を指摘!? エフフォーリア陣営の迷走、元騎手だからこそ「疑問視」した違和感
  4. JRA宝塚記念(G1)横山典弘「息子愛」でタイトルホルダー救った!? 好アシストに陣営からも感謝の声、横山和生が「最大のピンチ」を脱した裏側
  5. JRA M.デムーロ「僕の中で一番強い」タイトルホルダーが受け継ぐ最強馬のバトン…キタサンブラックが一度も勝てなかったドゥラメンテ、「夢の続き」は父から子へ
  6. JRAエピファネイア産駒の「早熟説」はどこまで本当なのか!? キズナとの比較に明白な違い…エフフォーリア、デアリングタクトに「反証」の期待
  7. JRA凱旋門賞(G1)武豊ドウデュースに「想定外」の大誤算!? 現役最強に名乗り、タイトルホルダーにあって「惨敗組」になかったものとは
  8. JRA帝王賞(G1)武豊「もちろんシンガリでした」の苦い記憶、誰もが逃げると確信したレースで「致命的」ミス…夢のタッグは競馬どころじゃなかった!?
  9. JRA武豊や岡部幸雄を超えた福永祐一の「大記録」に黄信号!? 騎乗停止や落馬負傷はもはや許されない、名手を襲う過去最大級のピンチ
  10. JRA横山武史の「おさがり」から天敵に格上げ、タイトルホルダーが暴露したエフフォーリアの弱点…ライバル2頭が激突する秋の舞台は?