NEW

ムーア騎手がノンコノユメ、ルメール騎手コパノリッキーでチャンピオンズCへ! 気の毒な「アノ騎手」

【この記事のキーワード】

, ,

nonkonoyume.jpgノンコノユメ「JBISサーチ公式サイトより」

 3日のJBCクラシックで4着となったノンコノユメ(セ4 美浦・加藤厩舎)が、英国の名手R.ムーア騎手を迎えて12月4日のチャンピオンズC(G1)に挑むことが6日わかった。

 ムーア騎手といえば、30日の天皇賞・秋でマイル王モーリスを「2階級王者」に押し上げた原動力として、関係者やファンから絶賛を浴びている「世界最高峰の騎手」。ノンコノユメは後方から繰り出される末脚こそ確実だが、最後の最後届かず敗退が続いている煮え切らない素質馬だが、ムーア騎手の手で新たな一面を見せるのか注目される。

 ところで、ノンコノユメにこれまで主戦として騎乗していたのは、JRA騎手のC.ルメール騎手。なかなか勝利できず乗り替わりと相なってしまったが、そこは人気の外国人騎手とあってか、すぐに「強豪」の相棒をゲットしたようで……。

「JBCクラシックでまさかの5着に敗れたコパノリッキー(牡6 栗東・村山厩舎)の騎乗が決定しました。ルメール騎手は3年前に500万下で同馬に騎乗し勝利して以来ですから、非常に久しぶりのコンビということになります。ルメール騎手の逃げ先行には定評がありますから、期待は大きいところですね」(競馬記者)

 さすがはリーディング上位をひた走るルメール騎手。すぐに騎乗馬をゲットできた。一方、コパノリッキーの主戦だった田辺裕信騎手はといえば……。

ムーア騎手がノンコノユメ、ルメール騎手コパノリッキーでチャンピオンズCへ! 気の毒な「アノ騎手」のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!