NEW

パチスロ「新規参入メーカー」登場に期待の声多数!? 会社設立者「元大手メーカー副社長」「二度目の業界参入」など意外な経歴が明らかに

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
パチスロ「新規参入メーカー」登場に期待の声多数!? 会社設立者「元大手メーカー副社長」「二度目の業界参入」など意外な経歴が明らかにの画像1

 不況が続くパチスロ業界の突破口となるか――。

 今月17日、新規参入メーカー「株式会社ボーダー」からパチスロ第一弾として『超速回胴 鬼若弁慶』のプレス発表会が開催された。

 同機種のスペックは、老若男女から幅広い層に愛されるノーマルタイプでボーナス合算確率は「1/147.6~1/119.8」。また、ボーナスは獲得枚数「約307枚」のビックボーナスと同「約102枚」のレギュラーボーナスが搭載されており、楽しみやすさと刺激を追求した1台となっている。

 また本機の特徴は、前代未聞のレギュラーボーナス当選時に”目押しを要しない”機能「RAKU・RAKUスタート」が搭載。通常時の演出は、ボーナスが完全告知となる「ボーナス告知モード」、払い出しが告知される「ぺい提灯モード」、そしてボーナスの期待感を演出する「チャンス告知モード」といった「3つのモード」を任意で選択することができ、プレイヤーを飽きさせない仕様となっている。

 このような新規参入メーカーからの同機種に、ユーザーからは「1回は触りたい」「普通に面白そう」と期待する声が多く挙がった。

 一般的に新規参入といえば、その業界の「活性化」に繋がる働きが多く見られるだろう。特に、昨今のスマートフォンを用いたゲーム、通称”スマホゲー”は既存のゲーム業界へ脅威を与え、それと同時にゲーム市場全体が拡大する効果を見せた。

 ただ、パチンコ業界ではどうだろうか。最盛期の1995年度は、約18200店舗のパチンコ店が存在しており、大きな市場規模を誇っていた。しかし、現在店舗数は「10000店」を割ったことが明らかとなり、最盛期の店舗数と比べると約40%も減少。まさに斜陽産業といえる業界だろう。

 そんな不況が続く中での新規参入に、誰もが苦戦を強いられると思うが……同会社を設立した代表・今井一正氏には意外な過去があった……。

パチスロ「新規参入メーカー」登場に期待の声多数!? 会社設立者「元大手メーカー副社長」「二度目の業界参入」など意外な経歴が明らかにのページです。GJは、パチンコ・パチスロ、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!