NEW

ディープインパクトと「欧州最高スタッド」が密愛!? 「G1勝利2ケタベビー」連発の超有力牝馬ズラリ

ディープインパクトと「欧州最高スタッド」が密愛!? 「G1勝利2ケタベビー」連発の超有力牝馬ズラリの画像1

 現代の日本競馬界は、ディープインパクト産駒が「支配者」と述べて過言ではないだろう。

 現役時代に目覚ましい成績を残したディープインパクトは引退してからも種牡馬として多くの優秀な産駒を輩出。今年のクラシック戦線を沸かせるであろう2歳王者ダノンプレミアム、東京スポーツ杯2歳S(G3)を制したワグネリアン、さらにシクラメン賞(500万下)を4馬身差レコードで圧勝したオブセッションらも同馬の産駒だ。2018年もディープインパクトの仔が、日本の競馬界をリードするのは間違いないだろう。

 日本の競馬界に多大なる影響を与えているディープインパクトだが、その影響がついに海を超えて海外の”トップ”にまで波及しはじめているようだ。15日、アイルランドのクールモア・グループがディープインパクトを種付けすべく、所有馬を送り込んだと「スポーツ報知」が報じた。

 記事によれば、今回来日するのは英牝馬2冠を達成しG1・7勝を挙げたマインディング。さらに昨年の英愛1000ギニーなどG1・4勝のウィンター、そして仏G1・2着馬のプロミストゥービートゥルーの3頭だ。どの馬も欧州で最高クラスの実績を残した名牝だ。

「この3頭の父馬は、種牡馬としても活躍しているガリレオです。現在、日本生まれのディープインパクト産駒にして母父にガリレオを持つA.オブライエン厩舎のサクソンウォーリアが無傷の3連勝で英国2歳G1を制覇するなど活躍。さらに今年の英ダービーの最有力候補にあげられています。

 同馬の活躍を目の当たりにした関係者たちの間で、ディープインパクトの種牡馬としての評価が急上昇中とのこと。今回、クールモア・グループが誇る名だたる名牝にディープインパクトを種付けするという決断をしたのは、第二のサクソンウォーリアの誕生に期待しているからにほかならないでしょうね」(競馬誌ライター)

 ついに海外でも評価されつつあるディープインパクト。日本の名馬×世界的名牝の仔は海外の重賞を席巻することができるのだろうか? 今後に注目したい。

ディープインパクトと「欧州最高スタッド」が密愛!? 「G1勝利2ケタベビー」連発の超有力牝馬ズラリのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

5:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 宝塚記念(G1)元JRA藤田伸二氏、田原成貴氏が揃って「大失敗」を指摘!? エフフォーリア陣営の迷走、元騎手だからこそ「疑問視」した違和感
  2. JRA凱旋門賞(G1)武豊ドウデュースに「想定外」の大誤算!? 現役最強に名乗り、タイトルホルダーにあって「惨敗組」になかったものとは
  3. JRA武豊や岡部幸雄を超えた福永祐一の「大記録」に黄信号!? 騎乗停止や落馬負傷はもはや許されない、名手を襲う過去最大級のピンチ
  4. JRA帝王賞(G1)武豊「もちろんシンガリでした」の苦い記憶、誰もが逃げると確信したレースで「致命的」ミス…夢のタッグは競馬どころじゃなかった!?
  5. JRA M.デムーロ「僕の中で一番強い」タイトルホルダーが受け継ぐ最強馬のバトン…キタサンブラックが一度も勝てなかったドゥラメンテ、「夢の続き」は父から子へ
  6. JRA宝塚記念(G1)横山武史「これでは伸びない」 エフフォーリアの力負け疑惑深まる…悩める王者がいよいよ崖っぷち
  7. JRA武豊アリーヴォ「ポツン騎乗」のなぜ!? 宝塚記念(G1)ドゥラメンテ産駒2頭で分かれた明暗…レジェンドも危惧した「嫌な予感」が的中か
  8. JRA M.デムーロで「必勝態勢」春二冠女王と接戦を演じた実力馬が7番人気の珍事!? 1勝クラスで当然の勝利も、何故「10万馬券」決着となったのか
  9. JRA宝塚記念(G1)横山典弘「息子愛」でタイトルホルダー救った!? 好アシストに陣営からも感謝の声、横山和生が「最大のピンチ」を脱した裏側
  10. JRA「勝ち馬が強かった」川田将雅、武豊、福永祐一もお手上げ!? “伝説の新馬戦” を制したC.ルメールは「いい勉強になりました」と余裕綽々