NEW

JRA木村哲也調教師が「DQN記者」に激怒!?「出禁騒動」勃発で桜花賞(G1)プリモシーン、皐月賞(G1)ステルヴィオに悪影響の懸念……

【この記事のキーワード】

, ,

JRA木村哲也調教師が「DQN記者」に激怒!?「出禁騒動」勃発で桜花賞(G1)プリモシーン、皐月賞(G1)ステルヴィオに悪影響の懸念......の画像1

 近頃、美浦の木村哲也厩舎の周辺が”ゴタゴタ”しているようだ。

 最初に断っておくが今回の件、どうやら木村厩舎側に否はない。それどころか木村調教師が「被害者」になってしまっているとか。というのも「とあるメディア」に属する記者の横柄な振る舞いに辟易させられているらしいが……。

「2、3週間くらい前からですかねえ。名前は挙げられませんが、木村哲也厩舎を担当している大手日刊紙の○○記者の態度が、最近ヤケにデカいらしくて……木村調教師にも『もう追い切りやったの?』など、何故か親しげに平気でタメ口で話しているとか。

木村調教師は46歳と調教師の中では若手になりますが、今年でもう開業8年目ですし、すでに何度も重賞を勝っている実績組。例え、新米でも調教師になれば『先生』が当たり前ですから、周囲の記者連中もあの態度にはドン引きだろうね……。『あれは完全にDQNですわ』という陰口も聞いたよ。

木村調教師も最初は我慢していたようだけど、さすがに堪忍袋の緒が切れたのか、ここ最近は何度か揉め事があったみたい。関係者の話だと、その記者を”出禁”にするかもしれないとかいう話も出てるね」(競馬記者)

 木村厩舎といえば、今年のクラシックには8日の桜花賞(G1)にプリモシーン、15日の皐月賞(G1)にもステルヴィオと、どちらも有力候補を送り込むため、近頃はメディアへの露出も増加。そういった中で、前出の記者が話したような空気の読めない”無礼者”も現れてしまうようだ。

JRA木村哲也調教師が「DQN記者」に激怒!?「出禁騒動」勃発で桜花賞(G1)プリモシーン、皐月賞(G1)ステルヴィオに悪影響の懸念……のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!