NEW

JRA札幌記念(G2)サングレーザー「最強モーリス」を追い詰めた秘策アリ!? 福永祐一×浅見厩舎なら「昨年のエアスピネル」にあらず

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
JRA札幌記念(G2)サングレーザー「最強モーリス」を追い詰めた秘策アリ!? 福永祐一×浅見厩舎なら「昨年のエアスピネル」にあらずの画像1

 19日には札幌競馬場で真夏の祭典・札幌記念(G2)が行われる。

 今年はマカヒキやネオリアリズム、モズカッチャンといったG1馬を筆頭に、ミッキースワローやサクラアンプルールなど伏兵陣も多士済々。例年以上の好メンバーが揃った一戦となったが、中でも最大の惑星はマイル界から参戦するサングレーザー(牡4歳、栗東・浅見秀一厩舎)の存在だろう。

 4連勝で制した昨年のスワンS(G2)、そして今年のマイラーズC(G2)と重賞2勝を誇るサングレーザーがG1制覇も十分に狙える一流マイラーであることは、今さら述べるまでもない。実績的にもG2なら「主役級」で間違いないが、今回はなんといっても2000m挑戦が大きなカギとなっている。本馬が2000m以上に挑戦するのは、2歳のホープフルS(G2)5着以来だ。

 一方、前走安田記念(G1)5着からの参戦といえば、昨年のエアスピネルとまったく同じ。

 本馬は弥生賞(G2)3着、皐月賞(G1)4着という2000m実績があったが、結果は2番人気に支持されながらも5着に敗れ、秋は再びマイル路線に"出戻り"となった。

 サングレーザーは、そのエアスピネルと昨年のマイルCS(G1)で半馬身差の3着、2着。今年のマイラーズCでは1着、3着とほぼ互角の勝負を演じている。そのイメージがあるだけに「マイラーとしての資質は認めるが、2000mで大丈夫なのか」というのが大方の見解だ。

JRA札幌記念(G2)サングレーザー「最強モーリス」を追い詰めた秘策アリ!? 福永祐一×浅見厩舎なら「昨年のエアスピネル」にあらずのページです。GJは、競馬、サングレーザー札幌記念福永祐一の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!