NEW

JRA菊花賞(G1)「乾坤一擲」オウケンムーンが大波乱の使者!? 父オウケンブルースリが成し遂げた「淀の伝説」再び

【この記事のキーワード】, ,
JRA菊花賞(G1)「乾坤一擲」オウケンムーンが大波乱の使者!? 父オウケンブルースリが成し遂げた「淀の伝説」再びの画像1

 ここで走らずして、いつ走る――。

 伏兵オウケンムーン(牡3歳、美浦・国枝栄厩舎)が、今こそ乾坤一擲の走りを求められている。父は2008年の菊花賞馬オウケンブルースリ。同世代において現在JRAで走っているのはわずか3頭しかおらず、それも牡馬はオウケンムーンただ1頭――。細い、本当にか細い糸を手繰り寄せて「運命の舞台」に辿り着いた。

 デビュー2戦目の未勝利戦を6馬身差でレコード勝ちしたオウケンムーンは、そこから一気に3連勝。共同通信杯(G3)を制し、クラシックの有力候補に躍り出た。

 しかし、春の二冠は皐月賞(G1)12着、日本ダービー(G1)15着と大敗。クラシックの厚い壁に阻まれ、雌伏の時を過ごさざるを得なかった。ひと夏を越して迎えた前走のセントライト記念(G2)でも10番人気と、重賞ホースの評価は地に落ちたままだ。

 だが、一筋の光明が差してきた。セントライト記念の最後の直線、オウケンムーンは最後方で大外を回るという最悪の展開。短い中山の直線では、到底届きそうもない絶望的な位置取りだった。しかし、そこから父譲りの豪快な末脚で5着。勝ち負けに加わることはできなかったが、上がり3ハロンは最速タイと、その末脚には光るものがあった。

「タニノフランケルが大逃げを打って引っ張る流れで、オウケンムーンにとっては消耗戦になったのがよかったですね。上がり3ハロン34.3秒はグレイルと並んでの最速タイですが、こちらが競馬したのは実質最後の1ハロンとちょっと。それだけ最後の脚は際立つものがありました。ここまでずっと地味な存在ですが、如何にも菊花賞に向きそうな馬。タフな流れになれば怖い存在ですよ」(競馬記者)

 レース後、オウケンムーンは同厩のコズミックフォースと共に早めの栗東入り。牝馬三冠を成し遂げたアパパネや、天皇賞・春(G1)を勝ったマイネルキッツなどを筆頭に数々の成功を収めてきた国枝厩舎の”十八番”栗東留学を敢行している。

JRA菊花賞(G1)「乾坤一擲」オウケンムーンが大波乱の使者!? 父オウケンブルースリが成し遂げた「淀の伝説」再びのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

5:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA武豊が「最低人気」で見せた意地 女性騎手に名伯楽が辛口ジャッジ!? アノ名騎手に批判殺到? 松山弘平「斜行」であわや……【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  2. JRA 宝塚記念(G1)「2番手で…」あの陣営から不気味なコメント…タイトルホルダーを悩ませる“くせ者”の存在
  3. JRA【宝塚記念(G1)予想】タイトルホルダー×エフフォーリアは両方消し! G1馬なのに人気がない「アノ馬」を狙い撃ちで高配当いただき!
  4. JRAクラシックを嘱望されたグランアレグリア全弟の悲しすぎる結末……宝塚記念(G1)ウィークの新馬戦、「阪神」ではなく「東京」で思い出す生涯一度きりの晴れ舞台
  5. JRA宝塚記念(G1)エフフォーリア「完全復活は厳しい」と予告…デアリングタクト「生みの親」が語ったエピファネイア産駒2頭の決定的な違い
  6. 宝塚記念(G1)元JRA細江純子さん「凄く良く見せたのは、共同通信杯」エフフォーリアにまさかのジャッジ!? 「1番目か2番目」武豊アリーヴォ絶賛も、疑惑深まる年度代表馬の早熟説
  7. JRA宝塚記念(G1)川田将雅「騎乗馬なし」の誤算!? リーディング独走の上半期立役者も見学なら「あの記録」もストップか
  8. JRA宝塚記念(G1)武豊キタサンブラックが沈んだ罠にエフフォーリアも、タイトルホルダーも!? 昨年「単勝215.3倍」の下剋上は何故起きた?
  9. JRA宝塚記念(G1)逃げ「当確」パンサラッサが激流を演出…タイトルホルダーも苦戦濃厚、混戦必至の展開で「漁夫の利」を得られるタイプは?
  10. JRA「今年はヤバい」池添謙一、横山武史らもビビった!? 宝塚記念(G1)でトップジョッキーが不在…2週続いた騎乗停止処分に恐怖の声