NEW

JRAサトノダイヤモンド引退発表!! 有馬記念で有終の美なるか?

【この記事のキーワード】, ,
JRAサトノダイヤモンド引退発表!! 有馬記念で有終の美なるか?の画像1

 2016年に菊花賞、有馬記念(ともにG1)を勝利したサトノダイヤモンド(牡5歳、栗東・池江泰寿厩舎)が年内をもって引退すると「サンスポ」が伝えている。

 記事によれば、サトノダイヤモンドは次走の有馬記念を最後に引退し、その後は種牡馬入り。ラストランの結果次第とはしながらも、来春から10億円前後のシンジケートが結成される見込みだという。

 サトノダイヤモンドは昨年、欧州遠征に挑戦するも失敗。今年の始動戦である金鯱賞(G2)では3着とまずまずの結果を残すも、本番の大阪杯(G1)は3番人気ながら7着、宝塚記念(G1)では堂々の1番人気に支持されるも0.8秒差の6着と不甲斐ない結果に終わっていた。

 夏の休養を挟んで向かった京都大賞典(G2)では、新たに川田将雅騎手とコンビを結成。残り300mで先頭に立つと後続の猛追を凌いで約1年半ぶりの勝利を飾る。だが続くジャパンカップでは3番人気に支持され、後方から脚を伸ばすも届かず6着。鞍上を務めたJ.モレイラ騎手は「勝った馬は強すぎますし、時計も凄すぎます」とレコード勝ちしたアーモンドアイを讃え、「良いポジションで良い手応えでしたが、残り100mで疲れてしまいました」とレースを振り返っていた。

「宝塚記念で6着と敗れてから、サトノダイヤモンドは常々引退が取り沙汰されていました。今秋はG2とはいえ、久しぶりの勝利をあげたこともあり、今後の完全復活に期待が寄せられていたのですが……。

 サトノダイヤモンドは凱旋門賞挑戦からすべての歯車が狂った感がありますね。欧州後はレースに対して100%集中していないといわれ、陣営もさまざまな工夫をこらしていました。ですが、結局は3歳時に見せた他の追随を許さない圧巻の走りを取り戻すことができませんでしたね。陣営もファンも無念だと思います」(競馬記者)

 有馬記念がラストランとなるサトノダイヤモンド。有終の美を飾ることはできるのだろうか?

 また、昨年の宝塚記念を制し、天皇賞・秋も2着だったサトノクラウンも、近日中に登録を抹消される見通しとのことだ。

JRAサトノダイヤモンド引退発表!! 有馬記念で有終の美なるか?のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA「大失策」で伝統のG2が降格危機……かつてシーキングザパール、エルコンドルパサーら優勝も、近年は“ライバルG3”に完敗で崖っぷち
  2. JRA 武豊が大絶賛の「8冠ベビー」が遂にデビューも……大ショックのアクシデント発生!? 忍び寄る「復帰間近」福永祐一の影
  3. JRA 種付料No.1エピファネイアに「新たな疑惑」が浮上!? エフフォーリア・デアリングタクト輩出も今年が「試金石の一年」となるワケ
  4. JRA 3年間「未勝利馬」が武豊で7馬身差圧勝!「ルールですので仕方ありませんが…」重賞勝ち馬がOPで除外問題!? 今年の重賞戦線、とんでもない「裏切り」記録が継続中【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  5. JRA 「G1を勝てる」福永祐一、浜中俊も太鼓判!シルクロードS(G3)不振の三冠トレーナーが復活を託したのは菜七子世代の出世頭
  6. JRA C.ルメールを超える「1月に弱い男」!? 今年48戦「連対ゼロ」も、根岸S(G3)で5年前のリベンジチャンス到来!
  7. JRA「単勝1倍台の馬の複勝よりも自信があります」霜降り明星・粗品のお気に入りホースが仕切り直しの一戦!「買い材料」満載でレアキャラまでも再登場か
  8. JRA母は「G1級」の華々しいデビューから無念の早期引退、「怪物候補」ウィズグレイスに待ったをかける知る人ぞ知る超大物の血
  9. JRA根岸S(G3)「メンバー唯一」条件クリアは実力に折り紙付きのG1馬! 前走敗因は前が壁でハッキリ、激走サインは見逃し厳禁
  10. 武豊、異例の「超マジギレ」に恐怖……温厚なスターを激怒させた「おしくらまんじゅう事件」