NEW

とろサーモン久保田「M-1上沼恵美子を壮絶批判」お前呼ばわり......上沼審査物議も「じゃあ出るな」「関西番組出られない」世間冷静

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
とろサーモン久保田「M-1上沼恵美子を壮絶批判」お前呼ばわり......上沼審査は以前から物議も「じゃあ出るな」世間冷静の画像1

『霜降り明星』の優勝で終わった今年の『M-1グランプリ』(テレビ朝日系)だが、審査員を長年務めてきた上沼恵美子が「審査員引退」を『上沼恵美子のこころ晴天』(ABCラジオ)で宣言した。

 上沼は「私みたいな、こんな年寄りがね、ポンっと座って偉そうにしている場合ではないんですよ。だからもう、私は引退します」と語り引退を表明。もちろん本音の部分もあるのだろうが、毎度毎度審査が物議を醸すことに嫌気がさしたのでは、という見方もある。

 今年も上沼の審査は物議を醸した。ネタ順5番目の『ギャロップ』がネタを披露した後、上沼は「自虐ネタはあかん」と89点。しかし一方、7番目の『ミキ』が自虐ネタを展開した際には「自虐なんだけど突き抜けてる」として98点をつけた。これに対し「えこひいきか」「ただの好き嫌い」などと批判されているというわけだ。

 まあ個々人の「感情」も絡む審査にイチイチ反応するのも無駄ではあるが、以前にも上沼の審査には疑問があっただけに、こうした声が大きくなったのだろう。視聴者からこうした意見が出るのもある程度仕方がないのかもしれない。

 ただ、どうやら「プロ」でも怒りを露にした人物が......。

とろサーモン久保田「M-1上沼恵美子を壮絶批判」お前呼ばわり......上沼審査物議も「じゃあ出るな」「関西番組出られない」世間冷静のページです。GJは、エンタメ、とろサーモン上沼恵美子久保田の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!