NEW

JRA戸崎圭太の「焦り」フェブラリーS(G1)サンライズノヴァの「根岸S大敗要因」は意外にも……

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 17日、東京競馬場でフェブラリーS(G1、ダート1600メートル)が行われる。府中のダート王サンライズノヴァ(牡5歳、栗東・音無秀孝厩舎)は得意舞台で悲願のG1制覇を飾れるのだろうか。検討してみる。

 サンライズノヴァの府中ダート実績は【6・3・0・3】。1400メートルでは【2・2・0・1】、1600メートルでは【4・1・0・2】。抜群の成績だ。3歳時、府中のユニコーンS(G3、ダート1600メートル)で重賞初制覇した後、ジャパンダートダービー(Jpn1、ダート2000メートル)に向かうが6着。長目の距離は不向きなことが判明。秋、府中のグリーンチャンネルC(オープン、ダート1400メートル)を勝つと、それ以降もっぱら府中の1400あるいは1600メートルのワンターン競馬を走ってきた。

 戦法は出遅れからの追い込み。6勝すべてにおいて上がり3Fは最速の脚を使っている。昨年は武蔵野S(G3、ダート1600メートル)で2つ目の重賞制覇を上げると、距離もコースも合わないチャンピオンズC(G1、ダート1800メートル)に挑戦したが、やはり6着。今年は始動戦の根岸S(G3、ダート1400メートル)で巻き返し、フェブラリーSに臨む予定だった。

 ところが根岸Sはよもやの8着大敗。レース後、戸崎圭太騎手は「追い出してからがこの馬らしさが見られませんでした。はっきりとした敗因が分かりません」とコメント。陣営は敗因を今の府中のパサパサに乾いた馬場に求めた。確かに昨年の根岸Sでノンコノユメのハナ差2着に敗れた際は重馬場、武蔵野Sも稍重だった。

 根岸Sにおけるサンライズノヴァの敗因を戸崎騎手のいつもより早い仕掛けとする声もいくつか上がった。フェブラリーSで愛馬コパノキッキングに藤田菜七子騎手を騎乗させるDr.コパ氏は、大手競馬ポータルサイトnetkeiba.comのインタビュー『秋には菜七子でブリーダーズC遠征プランも』で「根岸Sで戸崎くんが乗ったサンライズノヴァが8着だったでしょう。スタートして出遅れるのは想定内のはずなのに、慌てて上がって行ったのはキッキングが前にいたからではないか」と語る。

 戸崎騎手は藤森S(1600万下、ダート1200メートル)でコパノキッキングに騎乗、追い込んで勝っている。そのコパノキッキングが根岸Sでサンライズノヴァのかなり前にいる状況が戸崎騎手のあせりを誘ったというわけだ。

JRA戸崎圭太の「焦り」フェブラリーS(G1)サンライズノヴァの「根岸S大敗要因」は意外にも……のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!