NEW

【ドバイ2019結果】武豊マテラスカイ「BCスプリント(G1)」藤田菜七子と激突!? 「最強女王」アーモンドアイは完勝で凱旋門賞(G1)へ

【この記事のキーワード】

, , ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【ドバイ2019結果】武豊マテラスカイ「BCスプリント(G1)」藤田菜七子と激突!? 「最強女王」アーモンドアイは完勝で凱旋門賞(G1)への画像1

 30日深夜にメイダン競馬場で行われたドバイ国際競走。今年はドバイゴールデンシャヒーン(G1)に武豊騎乗のマテラスカイ(牡5歳、栗東・森秀行厩舎)が登場。昨年5着の借りを返す、大健闘を見せた。

 昨年は不本意なスタートから先手を奪われ、砂を被る苦しい競馬となったマテラスカイ。しかし、今年は好スタートを決めると積極的にハナを奪いに行った。結局、エックスワイジェットに主導権を奪われたが、それをマークするような2番手。

 レースはそのまま最後の直線に入ると、2頭のマッチレースに。マテラスカイがエックスワイジェットに並び掛けて行く。しかし、ここから強いのが世界のトップスプリンター。マテラスカイも必死に食い下がったものの、最後は逆に差を広げてエックスワイジェットがレースを制した。

 エックスワイジェットは昨年の2着馬であり、2016年にも2着している世界のトップスプリンター。そんな強豪に最後まで食い下がったマテラスカイは大健闘といえるだろう。なお、ドバイゴールデンシャヒーン2着は日本最高記録となった。

 ただ、ここまで行った以上、勝ちたかったのは当然だ。

 レース後、武豊騎手が「日本人の意地を見せられました。スピード負けしないくらい頑張ってくれましたが、正直悔しいですね。このレースにかける意気込みは強かったです。勝った馬は強かったです」と悔しさを滲ませれば、森調教師も「(エックスワイジェットと)枠が逆だったら違っていたかも」と評価。

 秋には米国の「BCスプリント(G1)は前から決めていたので、行こうと思っています」と、新たな世界挑戦プランをぶち上げた。

 今年のBCスプリントには、2月のフェブラリーS(G1)で5着したコパノキッキングも藤田菜七子騎手と共に参戦予定。そこに武豊騎手とマテラスカイが参戦すれば、さらに大きな注目を集めることになりそうだ。

【ドバイ2019結果】武豊マテラスカイ「BCスプリント(G1)」藤田菜七子と激突!? 「最強女王」アーモンドアイは完勝で凱旋門賞(G1)へのページです。GJは、競馬、, , , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!