NEW
「ダイヤモンド」vs「東洋経済」! 経済誌双璧比べ読み(7月第1週)

夏の旅行でLCCを使うと2万円損!?のカラクリ

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

post_354.jpg
(右)「週刊ダイヤモンド 7/7号」
(左)「週刊東洋経済 7/7号」

パック旅行に負けたLCC!?

「週刊ダイヤモンド 7/7号」の大特集は「エアライン LCCを使い倒せ!」だ。2012年は「LCC(Low-Cost Carrier:格安航空会社)元年」といわれていて、関西では3月にピーチ・アビエーションが就航しているが、首都圏でも7月3日にジェットスター・ジャパンが、8月1日にはエアアジア・ジャパンが運航を始める。その価格たるや、ジェットスターで成田-札幌4490円、成田-福岡5090円と、まさに「空飛ぶ路線バス」なのだ。

 価格の安さを売りにして新たな需要を創出し始めているという。すでに運航を開始したピーチ・アビエーションによれば、搭乗者の2~4割が人生初フライト組だという。また、「路線バス」のように気軽に利用する人が増えるなど、ライフスタイルに変化をもたらすのではないかと期待されている。

 LCCの低価格の理由は、単一機材を使用した2地点間運行(折り返し運行)、狭い座席と簡素なサービス、短い折り返し時間による運航効率化、インターネットを中心としたマーケティング、従業員の複数業務兼務(マルチタスク)化など徹底したコストカットにある。レガシーキャリアといわれるこれまでの大手航空会社との大きな違いは、運賃設定のプロセスだ。JALやANAの国内線の平均搭乗率はおおむね60%、これに対してLCCの平均搭乗率は約80%。つまりレガシーキャリアは空席が4割でも採算が取れるが、LCCはできるだけ搭乗率100%を目指す収益構造となっているのだ。

 価格は変動運賃制で、コンピュータシステムで常に予約状況を管理し、空席割合に応じて運賃が上下する仕組み。半年先の早期予約や閑散期は、驚くほど安い価格になることがあるという。本格的なLCCユーザーは「クリスマス休暇の前に、来夏のバケーションの予約を入れておく」のだという。残席を減らすために定期的な在庫一掃セールも行われるために、「予約時期」とタイミングが大事だ。

 今回の目玉は「LCCは本当にお得か?」という徹底比較記事だ。確かにLCCは航空機の運賃だけで比較すると安い。ただし、「航空券だけでなく、ホテルなどのほかの手配が必要なケース」では、LCCよりも既存のパック旅行のほうが安くなることも多い。レガシーキャリアは旅行会社がパック旅行を企画する際には正規運賃よりも大幅に安い価格で卸しているために、こうした価格で設定されたパック旅行などでは、LCCとの間で価格差がつかなくなってくる。

『週刊 ダイヤモンド 2012年 7/7号』


結局、使い倒すなってこと?


amazon_associate_logo.jpg

『週刊 東洋経済 2012年 7/7号』


東洋大、東海大も略せば東大。

amazon_associate_logo.jpg