NEW
五輪効果もなく、営業譲渡・閉鎖が進む“ぜい肉”事業

コナミ、サントリー…大手が参入フィットネスクラブは総崩れ?

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 8月12日に閉幕したロンドン・オリンピックで、日本選手団は過去最多の38個のメダルを持ち帰った。

 金メダルを取った内村航平選手ら体操3選手、競泳1選手のメダリストが所属するコナミスポーツ&ライフ(フィットネスクラブ「コナミスポーツ」の運営会社)のホームページは、祝賀ムードに沸いている。

 だが、同社をはじめフィットネスクラブ各社の現状は、決して日本選手団のような好成績ではない。市場規模は売上高3000億円に迫った2008年をピークに、横ばいか微減の停滞状況が続いているからだ。

 <フィットネスクラブ業界全体の売上高の推移>

  年    売上高

 2001年  1976億円 
 2002年  2121億円 +7.3%
 2003年  2231億円 +5.2%
 2004年  2346億円 +5.2%
 2005年  2496億円 +6.4%
 2006年  2853億円 +14.3%
 2007年  2889億円 +1.3%
 2008年  2942億円 +1.8%
 2009年  2915億円 -0.9%
 2010年  2959億円 +1.3%
 2011年  2926億円 -1.1%
 (出典:経済産業省「特定サービス産業実態調査報告書」「特定サービス産業動態統計調査」)

会員数も頭打ち

 06年のように2ケタ成長した年もあったが、市場はすでに成熟化したとみてもいいだろう。法人会員を含めた会員数も最近10年間は順調に伸びていたが、11年は前年の1289万人から2万人減って頭打ちになった。震災による一時的な影響もあるが、この業界自体の構造的な問題もそこに横たわっている。

 <11年度 フィットネスクラブ業界シェアランキング>

 順位   社 名       売上高
 1  コナミスポーツ&ライフ 826億円
 2  セントラルスポーツ   464億円
 3  ルネサンス       369億円
 4  ティップネス      308億円
 5  オージースポーツ    152億円
 6  メガロス        139億円
 7  東急スポーツオアシス  139億円

『勝ち続ける意志力』


体力はフィットネスクラブで

amazon_associate_logo.jpg