NEW

中卒、ギャンブル、300万円の借金…スマホ1台で大成功を収めた男の発想

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0629_sinkanjp.jpg
※画像:『スマホ1台で月100万円稼ぐ人になる!』著:原田陽平/ぱる出版

 最終学歴は中学卒業、若い頃からギャンブルにのめり込み、20歳で背負った借金は300万円。そんな男が、今やスマートフォン1台で億の額を稼ぎ、世界をフィールドに活躍するビジネスパーソンになっている…。

 こんなサクセスストーリーを実現させた男がいる。原田陽平という人物だ。

 原田さんの著書『スマホ1台で月100万円稼ぐ人になる!』(ぱる出版/刊)によれば、中卒の彼が美容師を目指している時に、インターネットビジネスに遭遇。知識ゼロから始めて、わずか2年で月収100万円を突破。今は香港で会社を経営し、日本と香港を行き来する日々を送っているという。

 どうして彼はビジネスで成功を収めることができたのか? その理由の1つとして、普通のサラリーマンとは全く別の発想を持っていたことがあるようだ。

●自分を縛りつける「サラリーマン発想」から抜け出す

 サラリーマンについて回るのが「数字」だ。その月ごとに目標額が定められていたり、「○時間やったらいくら稼げる」など、数字に対してかなりシビアに考えることが求められる。そして、最初の段階で目標額を超えなければ、モチベーションは一気に下がってしまう。

 しかし、大切なのは、何がなんでも売り上げを出すということだ。明確な数字が出てきてしまうと、その数字に踊らされる結果になるので、最初に稼ぐ上では、「数字」を意識しすぎないようにすべきなのだ。

●自分への投資は惜しまない

 今ではインターネットを通じて、タダで膨大な情報を得ることができるようになったが、本当に必要な情報や知識は、やはりお金を払わなければいけない。

 「お金」と「学びや知識」を天秤にかけたとき、お金の方が重要だと思いがちだが、長期的に見れば学びや知識、経験のほうが価値は高い。だからこそ、自分への投資は惜しまずにどんどんしたほうがいいだろう。

●失敗を過剰に恐れない

 組織の中で生きるサラリーマンならば、その失敗が組織全体の迷惑になりかねない。だから、失敗はどんどんしてもいい、と言われても、なかなか失敗を恐れずに行動することはできないことだろう。

 しかし、稼ぐ上では失敗はつきものであり、ある程度の忍耐と覚悟が必要だ。そして、失敗から学ぶ姿勢も大事。どうすれば上手くいくのか、それを考えて行動すべきであり、失敗が成功の第1歩と考えよう。

 本書では社畜状態から解放されて、自由な生き方を勝ち取るための考え方と、そのためのスマートフォンを使ったビジネスの実践例を原田さんが明かしている。

 大切なことは1度や2度失敗しても諦めないこと。新しい1歩を踏み出す上で、原田さんの考え方は参考になる部分が多いはずだ。
(新刊JP編集部)
※本記事は、「新刊JP」より提供されたものです。

関連記事
真に自由な働き方“パワーノマド”とは?
日本人とアメリカ人の働き方の違いとは?
誰でも出来る、“なんちゃってノマドワーク”を体験
「自由に働く」とはどういうこと? 家入一真×イケダハヤト対談

『スマホ1台で月100万円稼ぐ人になる!』


月1円も稼げなかった人が、
たちまち月収100万円を超えた!

amazon_associate_logo.jpg