NEW

パクツイや絵や写真の埋め込みは、訴えられる?Twitterで横行する超危険行為

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「Thinkstock」より
 Twitterは誰もが気軽に情報発信できる場だ。140文字という文字数制限があるおかげで、まとまった文章を書くことが苦手でも、気軽に言いたいことが言える。しかし、気軽すぎて少々問題のある行動も散見される。

 その代表的なものが「無断転載」だ。他人のツイートを自分の発言のようにツイートする「パクリツイート(パクツイ)」のほか、絵や写真を勝手に自分のツイートに埋め込むものがあるが、どちらも問題がある。

 まず、パクツイをする人は、それが悪いとわかっていながらやっていることが多いようだ。人気のツイートをコピーするだけで多くのリツイート(RT)が得られるため、「まるで自分が人気者になったかのように錯覚する」という人もいる。

 一方、画像転載は悪気なく行っている人が多いようだ。「宣伝してあげている」といった感じで、さも良いことをしているような態度の人さえいる。また、そもそも是非を考えずに無断転載している若年層やTwitter初心者も少なくない。

 そこで今回は、Twitterにおける絵の転載について考えてみたい。

●なぜ無断転載はいけないのか


「無断で転載するのがいけないのであって、断りを入れれば転載をしてもよい」と解釈する人もいるだろうが、後で紹介する場合を除いて、基本的に転載自体がいけないと考えておきたい。

 転載してはいけない理由は、まず権利の問題が挙げられる。たとえ落書きのような絵でも、また人気アニメや漫画を模した二次創作作品でも、描かれた絵にはすべて著作権がある。著作権は作品が作られた時に当然に発生するものである。従って、それを他人が作者名等を添えずに転載すれば著作権侵害に当たる。

 もう1つの理由は、作者の意図しないかたちで絵が使われかねないという問題だ。例えば、ごく近しい人に見せるつもりでTwitterに上げたところ、それが拡散されてしまうことが考えられる。同じ絵でも、それに添える言葉によって印象は変わるもので、ある事物を褒めるつもりで描いた作品が、批判しているかのように広まってしまうこともあり得る。その結果、対象の人物を怒らせたり、トラブルがあったりした時に作者に責任を求めるのは酷というものだろう。

 トラブルがあった際、勝手に転載されていると元の作者がコントロールできなくなる。正しく使われている範囲内であれば、作者が元の絵を削除したり、掲載の許諾を与えた人に掛け合うことで公開を取りやめることができる。しかし転載されてしまうと、そのような対応ができなくなる恐れがある。

パクツイや絵や写真の埋め込みは、訴えられる?Twitterで横行する超危険行為のページです。ビジネスジャーナルは、IT、SNSTwitter転載の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!