NEW

朝日、優れた吉田調書報道取り消しという愚行 記者の声を封殺し、権力にすり寄る

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

吉田調書の取り消しを報じる2014年9月12日付「朝日新聞デジタル」
慰安婦報道問題」「吉田調書報道問題」「池上コラム掲載拒否問題」と続いた一連の朝日新聞の不祥事は、昨年11月14日の木村伊量前社長の引責辞任、さらに今年1月6日の「信頼回復と再生のための行動計画」の発表によって一応、一区切りをつけたかたちになっている。しかし、この間、朝日の紙面には断続的に膨大な量の「ご説明」「お詫び」「反省」が掲載されているにもかかわらず、なんだか釈然としない気持ちが残るのはなぜだろうか。

 冒頭に挙げた3つの問題のうち、池上コラム問題はひとまず横に置き、残る2つの問題、特に東京電力福島第一原子力発電所における事故調査に関する記録、いわゆる吉田調書問題について考えてみたい。この2つはいずれも朝日の誤報、あるいは捏造として指弾されたり議論されたりしているが、両者の本質は大きく異なっている。そして、このことを説明するのに便利な概念が虚報と誤報である。

 同じメディアの間違いでも、虚報と誤報では水と油ほどに違う。虚報とは、虚偽の事実を真実であると偽って報じること、あるいは虚偽の事実を持ち込む者にだまされて、それを真実として報じてしまうことであり、最近では「週刊新潮」(新潮社)の「朝日新聞襲撃犯手記事件」(2009年)、「読売新聞のiPS移植報道事件」(12年)などがこれに該当する。これに対して誤報とは、調査報道などに含まれる事実の不正確性、あるいは事実に対する解釈の誤りが一定の許容範囲(記事の誤差について、読者との間に認められる一種の「暗黙の了解」)を超える場合に用いられる用語である。

 メディアが虚報を伝えた場合には、速やかな調査、記事の取り消し・削除が必要になり、また関係者に厳しい処分が科せられるのもやむを得ない。しかし、誤報の場合は違う。この場合にも、適切な検証と必要な範囲の訂正は必要であるが、関係者の処分には慎重であるべきで、取り消しなどとんでもない。言うまでもなく、誤報は、お上が発表した情報をそのまま流す場合にはほとんど起こりえない。メディアが主体的に社会問題と向き合い、独自に事実を掘り起こそうとする「調査報道」、それも、隠ぺいされた権力の本質に迫れば迫るほど、誤報の危険もまた増すことになるのである。もし、誤報を虚報と同一視して厳しく取り締まることになったら、誰が職を賭して政治権力や社会権力に迫ろうとするだろうか。メディアの調査報道への意欲はそがれ、ジャーナリズムは際限なく萎縮し、権力の御用機関への道を歩むのではないだろうか。