NEW
理央周「マーケティングアイズ」

「ブランディングで売り上げ増」のはずがない!その前にやるべきことが山ほどある

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「Thinkstock」より
 近頃はやっている「ブランディング」という言葉に、惑わされている人は多いのではないだろうか。

 筆者は、各種メディアや講演などで人前に出ることも多い。例えば、新聞社、商工会議所、経営者が参加される講座や講演会もあれば、起業家や個人事業主の方が中心になって参加するセミナーもある。加えて、関西学院大学専門職大学院では教壇に立ち、メディアにも出させていただく機会もあるので多種多様な方々の目に触れる。

 一方で、筆者自身が発信するコンテンツは、「マーケティングアイズ代表取締役・理央周」「児玉洋典(本名、関西学院大学准教授としてのみ使用)」という署名で発信する。それぞれ違う立場で、対象になる聴取者に違いはあるけれど、筆者としては同じ理念のもとで発信している。つまり、同じ趣旨の話を異なる層の方々にしていくので、対象者が最も理解しやすい話し方をしたり、対象者の習熟度に合わせてコンテンツの内容を微調整する。

 また、筆者自身のイメージも「自分が感じてほしいかたち」で、対象者に受け取ってもらいたい。そのため、プロのパーソナルスタイリストと契約し、自分のスタイリングのコーディネートをお願いしている。

 例えば、伝統ある企業や金融業など「お堅い」イメージの参加者が多い場合は、ダークスーツに白いシャツ。逆に、起業家やベンチャー企業が多い場合には少しカジュアルなジャケパン・スタイルにするなど、ファイン・チューンをして臨む。起業家や講演をなりわいにするような「人前に立つ」仕事では、スタイリングの演出による「外見戦略」も、イメージをブランド構築の一助にする効果的な方法である。

 ここで重要なことは、「自分がどう見せるか」よりも「対象者からどう見えるか」という点である。自分が主観的に「かっこいい」と思い込んでいても、参加者に響かなかったり、不快感を与えては元も子もないのだ。したがって、自分だけの主観ではなく、第三者でありプロフェッショナルであるスタイリストに、外見戦略として依頼するのである。

 注意すべきは、単にはやりの高級な服を選んでもらえばいい、というわけではないということである。まずすべきことは、こちら側の戦略、特にどんなターゲット層を狙っているのかを、徹底的に理解してもらう。その後、対象者に対して好感度を上げる組み合わせや色の配置の方針を決める。ここまできて初めて、ショッピングに同行してもらう。

 その際に、自分の好みとポリシーも入れ込んでいく。例えば、スーツのオーダーに同行してもらう時には、「基本的にトラッドが好きだけど、そこにちょっとだけ違う何かを入れてください」という具合になる。