NEW
浮世博史「日本人が知らなかった、ほんとうの日本史」

関ヶ原の戦いと大坂夏の陣はデタラメだらけ?挑発したのは豊臣家のほうだった!

【この記事のキーワード】

, , ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

豊臣秀吉像(「Wikipedia」より/Tabularius)
「天下分け目の戦い」といえば、1600年の関ヶ原の戦いのことです。

 天下統一を実現した豊臣秀吉の死後、息子の秀頼が後継者となりますが、その補佐をめぐって徳川家康派と反徳川派が対立します。

 徳川派が東軍、反徳川派が西軍に分かれて激突したのが、関ヶ原の戦いです。結果は徳川派の勝利ですが、これで徳川家の天下になったわけではありません。

 この時点で、家康はあくまでも豊臣家の家臣です。家康は「秀頼に逆らう家臣たちを討伐する」という建前で、関ヶ原の戦いに勝利しました。

 そして、その立場をフル活用し、家康は西軍に味方した大名の多くを取り潰します。領地を奪って東軍の大名に与えただけでなく、自分に味方した者たちに、豊臣家の直轄地を「秀頼様のためによく働いた。これは、秀頼様からのプレゼントだ」というかたちで分け与えました。

 その結果、豊臣家は大きく力を落とし、大坂(おおざか:現在の大阪)城と、その周辺を所有する「一大名」レベルにまで転落することになります。当然、豊臣家は危機感を募らせ、「このままでは、滅ぼされてしまうのではないか」という不安を、軍事力の増強で補おうとします。

 当時は、関ヶ原の戦いで負けた元大名や浪人がたくさんいました。「失業者」がいて、「求人」があるということで、自然と多くの人が大坂に集まってくるようになりました。

 しかし、これにより徳川家の警戒感を強めてしまいます。徳川家は、「もう一度、乱を起こすのではないか」という不安を、同じく軍事力の増強で補おうとします。

 徳川家は大坂城を囲むように、姫路城や名古屋城、伊賀上野城などを増改築して、警戒態勢を整えました。豊臣家はそれに反発し、さらなる軍事力の増強を図ります。

 お互いに「これ以上は我慢できない、危険だ」ということになり、始まったのが、慶長19(1614)年の冬の陣と、翌年の夏の陣が展開された「大坂の役」です。この大坂の役については、いくつかの誤解があるので、今回はそれを解いていきたいと思います。

方広寺鐘銘事件の真相


 まず、方広寺鐘銘事件があります。これは、慶長 19 (1614) 年に家康が豊臣家を挑発し、滅亡を図ったといわれる事件です。

 家康のすすめで秀頼が方広寺の大仏を再建した際、鋳造した鐘の銘文中の「国家安康」の文言に、「『家康』の名を分割し、身を切断することを意味する」と家康が文句をつけます。