NEW
清水和夫「21世紀の自動車大航海」(2月9日)

クルマ、視線・音声・ジェスチャーでの操作に…トヨタ、人工知能に1千億円投資

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
「CESオフィシャルサイト」より

 24時間365日眠らない街、米ラスベガス。ゴールドラッシュの頃に形づくられた街に、“バグジー”ことベンジャミン・シーゲルがカジノホテルの礎を築き、マフィアの暗躍する時代を経て、一大エンターテインメントシティへと発展した。人によって抱くイメージはさまざまだろうが、今のラスベガスを語るキーワードのひとつは間違いなく「コンベンション」(会議、催事)だ。

 なかでも毎年1月開催のCTA(Consumer Technology Association:全米民生技術協会)主催「CES」(コンシューマー・エレクトロニクス・ショー)は抜群の注目度を誇る。もともと世界最大の家電IT見本市として有名だったが、ここ最近は毎年のように自動運転のコンセプトモデルが発表され、話題性は格段に上がった。自動車業界からの出展社数は今年も過去最高を更新し、完成車メーカーは9社、サプライヤーは115社以上、出展面積は前年比25%増の20万平方フィートに達した。

通信機能が進化

 今年の自動運転を象徴するキーワードは「コネクティッド(つながる)」だ。

 トヨタ自動車はまさに「つながる」技術に関する取り組みを発表している。それは、通信機能を備えたデータ・コミュニケーション・モジュール(DCM)の搭載車両を増やし、収集したデータを製品開発やサービスの質向上に役立てるというもの。ドライバーにとっての日常的なメリットは、スマートフォン(スマホ)用アプリが使えるなどの利便性だが、事故が発生した際にはエアバッグ展開と連動した緊急通報システムが作動し、初期対応の迅速化が図られるという。

 また、先ごろ日本市場撤退の報道が出て世間を騒がせている米フォード・モーターだが、米国市場ではもちろん元気がいい。CESではインターネット通販大手アマゾンとの提携を発表した。アマゾンの人工知能搭載スピーカー型デバイス「Echo(エコー)」と、フォードの車載テレマティクスシステム「SYNC(シンク)」がつながるという内容だ。エコーのコア技術はiPhoneの「Siri」やAndroidの「OK Google」のような音声認識で、ニックネーム「Alexa(アレクサ)」と呼びかけると、「今日の天気を教えて」「ミュージックリストを再生して」などと声で操作できる。日本では発売されていないが、米国ではかなり人気が高い。

 このエコーと車がつながることで、車内の空調オンオフや充電残量の確認、ガレージの開閉などを遠隔で行える。エコーは家電製品とつながっているので、将来的にはアレクサが冷蔵庫の中身を確認し、ドライブの帰りに行きつけのスーパーマーケットまで連れて行ってくれるかもしれない。