NEW

20代で10億の資産を築いた“元中学生起業家”の「騙されエピソード」がすごい

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
※画像:『15歳で起業したぼくが社長になって学んだこと』著:正田圭/CCCメディアハウス

 騙されまいと思って気を付けていても、人はどうしても騙されてしまうもの。特に0から会社を立ち上げ、自分の手で市場を切り拓いてきた経営者は会社を大きくする過程で、何度も騙され失敗をしている。

 中学生で起業し、紆余曲折ありながらも会社を拡大。29歳になった現在は、ストラクチャードファイナンスや企業グループ内の再編サービスを提供するティガラグループを率いている正田圭さんは、自身の著書『15歳で起業したぼくが社長になって学んだこと』(CCCメディアハウス/刊)の中で、「経営とは何たるか」を説明しながら、起業という道を選んだがゆえの困難と、20代の間に10億円の資産を築いた自らの半生を明かす。

■経営者を騙す人物のやり口がスゴイ!

 この本は、正田さんが半生を語る「独白」の部分と、経営のエッセンスをまとめた「コラム」部分を交互になって進んでいく。「コラム」が普遍性を帯びているのに対して、「独白」は思わず声をあげてしまうほどのエピソードが満載だ。

 その中でも特に目を引くのが、とある老紳士に騙されたときの話である。すでに起業をして会社を経営していたものの、まだ高校を卒業したての正田さんはその人物に踊らされてしまうのだ。

 では、正田さんを見事に嵌めた詐欺師のやり口は一体どんなものだったのだろうか。

1.有名人との交流をアピール

 正田さんと営業部長が老紳士から誘われ、パーティーに参加する。そこには、芸能人やスポーツ選手、格闘家などの著名人たちも大勢おり、老紳士の交流の幅の広さを見せつけるようだった。

 その会場で、老紳士は当時絶大な人気を誇っていた若手格闘家を呼び捨てにして、実に親しげに激励したのだ。格闘家も「ありがとうございます!」と答え、正田さんはまんまと「この老紳士は本当に凄い人なんだ」と信じ込んでしまった。

2.常に景気の良い話をする

 もともとは、営業部長の紹介で老紳士と出会った正田さん。そのときから「とにかく羽振りがいい」と聞かされており、実際に出会ってからも高級な飲食店に連れて行ってくれたり、誕生日に豪華なプレゼントをいただいたりして、常に景気の良さを醸し出していたという。もちろん話も景気の良い話ばかり。

 正田さんたちはまだ東京に出てきてばかりの頃。少しずつ売り上げは立っていったものの、まだ会社としては小さな規模だった。「知り合いになっておくことは自分のビジネスにとってもプラスになりそうだった」とは本書の中の正田さんの弁だが、東京で頼れる人を必要としていたのだろうか。

3.自分と同じ名前のものを利用する

 ある日、正田さんと営業部長をランチに誘った老紳士は、そのお店が入っている、自分と同じ名前のビルの前で、「オレの持ってるビルの1つなんだよ」と豪語する。