NEW

香取慎吾の顔変形か 歯の異常放置が原因?抜け歯で顔のエラ膨張や完治困難の危険も

【この記事のキーワード】

, , ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
「Thinkstock」より

 テレビや映画を観ていると、スターの口の中まで見えることがあります。前歯ばかりでなく奥歯の状態まで観察できれば、その人の噛み方や噛み癖がわかり、首や肩のこり、頭痛の有無なども推察できる場合があります。噛み方の偏りや噛み癖が顕著だと、顔の形に表れます。その典型例がSMAPの香取慎吾さんです。

 香取さんは『森田一義アワー 笑っていいとも!』(フジテレビ系)のレギュラーを1994年4月から番組終了の2014年3月まで務めたので、口の中が見える機会が継続的にあり、図らずも歯と顔の形の観察がテレビ画面越しに20年にわたってできたのです。

 はっきりした日時は覚えていないのですが、初めに「おやっ?」と思ったのはレギュラーになりたての頃で、右下の奥歯が2~3本抜けていたのが見て取れました。まだ、20歳前後と若かったのと、複数の奥歯が連続して抜けていたこと、そして治療している形跡が感じられないことに違和感を覚えたのです。

 抜けてしまった原因まではわかりませんが、ほかの歯に問題があるようには見えなかったので、右下だけ複数の奥歯がないのは事故などの外傷か、ずさんな歯科治療が原因だったのかもしれません。いずれにしても、奥歯を補う治療が早急に必要なのですが、その後も抜けたままの状態が続いていました。売れっ子で忙しいとはいえ、抜けたままにしておくのは良いことではありません。やがて、その影響が顔の輪郭に表れてきました。

片噛みは顔の形を変える

 右の奥歯がないと右側の歯ではうまく噛めません。複数の歯がなければ余計に噛めませんので、自然と歯の揃っている左側ばかりで噛むようになります。

 ものを噛み砕くのは上下の歯ですが、噛み砕く力を与えるのは顎を動かす筋肉です。それらの筋肉を咀嚼筋(そしゃくきん)と呼び、強い咬合力を発揮するのは、咬筋と側頭筋です。咬筋はエラから頬骨の部分に付いており、側頭筋は頭の側面から下顎の骨に付いています。左右に一対ずつあるのですが、左側ばかりで噛むと左の咬筋と側頭筋が発達します。鉄アレイで腕の筋肉を鍛えると大きな力こぶができるように、咬筋も側頭筋も大きくなります。特に下顎のエラの部分に付着している咬筋が鍛えられて力こぶのようになるとエラが張っているように膨らんで見え、顔の輪郭が変わります。さらに片噛みが長く続くと、鍛えられた咬筋に引っ張られて骨も変形してきます。

『歯科医は今日も、やりたい放題』


歯列矯正、インプラント、虫歯治療、歯石取り…患者のための“本当の治療”ってなんだ?歯科にかかる前に知っておきたい大事な話

amazon_associate_logo.jpg