NEW

騙されAV出演し残虐的撮影、自殺や病気の被害が蔓延…契約解除させず何回も新作出演

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
「Thinkstock」より
 3月3日、「アダルトビデオ被害に関する記者会見」が弁護士会館(東京)で行われた。 主催は国際的に人権保護活動を展開する特定非営利活動法人(NGO)のヒューマンライツ・ナウ。NPO人身取引被害者サポートセンター ライトハウス(旧名:ポラリスプロジェクトジャパン)と、ポルノ被害と性暴力を考える会(PAPS)が相談窓口となって把握したアダルトビデオ(AV)被害事例を、弁護士が所属するヒューマンライツ・ナウが法的視点を入れて調査分析して発表するかたちになっている。


 会見によると、相談窓口で把握した2012年度以降の被害事例は累計131件。年度ごとの件数は、12年1件、13年1件、14年32件、15年81件、16年が16件(3月3日現在)と近年急増している。相談内容は、騙されて「AVに出演」が21件、「過去に出演したAVを削除したい」が20件、「AV出演強要」が13件、「AV違約金を要求された」が12件。こうした被害事例の中で、当事者と話し合った結果公表の了承が取れた10の事例が明かされた。

【事例1】

 B子は、スカウトマンに声をかけられた。B子が気の弱い性格であることを見抜いたX社のスカウトマンは、複数の従業員で取り囲んで説得しAV出演を承諾させ、実際に出演させた。B子は強く後悔したが、2本目も決まっていると告げられ、出演した。X社は、B子が辞めたがっていることを察し、辞めるまでにできるだけ多く出演させようと考え、矢継ぎ早に出演させた。こうして約半年間にB子は複数のAVに出演し広く頒布された。

 その後、B子は契約を解除したが、精神的に追い詰められ、支援者団体に相談し、弁護士にAVの販売停止交渉を依頼することを決意したが、実際に依頼する直前に首を吊って自殺した。

【事例2】

「テレビ出演を偽装」したケースもある。C子は路上で30代くらいの男性から「深夜番組のロケをします。素人モデルさんをメイクアップして小悪魔的なコスプレイヤーになっていただく企画をしているので出演しませんか」などとスカウトされ、「出演すれば謝礼も支払う」などと言われたため、好奇心もあり、その場で承諾した。C子はロケバスに連れて行かれ、書類へのサインと身分証明書の提示を求められた。こうした書類を作成することで、C子はしっかりした会社だと思い込み安心し、暗くて読めないまま書類にサインし学生証を渡した。ロケバス内にはスタッフが3~4人いたが、女性もいたため不安を感じなかった。