NEW
石徹白未亜「ネット依存社会の実態」

Yahoo!知恵袋の相談内容はコピペばかり?悪意のある釣りタイトルはこうやってつくられる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
「Thinkstock」より
「妻の不倫相手にこれから会いに行く」「弟とセックスしてしまった」など、掲示板系サイトに書かれる相談や体験談の一部は、実話でなく趣味で創作エピソードを投稿して読者を釣る「釣り師」といわれる人間たちの活動である――。


 こうした事実が明らかにされている『2ch、発言小町、はてな、ヤフトピ ネット釣り師が人々をとりこにする手口はこんなに凄い』(KADOKAWA アスキー・メディアワークス/Hagex)。本書には、そんな「釣り師」たちがなぜ釣りを行うのか、釣りであることをどこで見極めるか、などをはじめ、実際に釣り師へのインタビューも掲載されている。

 本書は「釣り」というニッチなテーマを掲げているように見える一方、「いかにデマに踊らされないか」「釣られないか」「インターネットにはどのような悪意があるのか」について学ぶことができ、ネットリテラシーを高めるための1冊でもある。

 ネット黎明期からのネットウォッチャーであり、人気ブロガーでもある著者のHagex氏に、ネットのトレンドや問題点について話を聞いた。

「Yahoo!知恵袋」の相談はコピペばかり?


--個人ブログやツイッターの場合、発言がその人のものとして残ります。一方、釣り師の主戦場は「2ちゃんねる」や「発言小町」、「Yahoo!知恵袋」などの匿名環境です。ネット上で話題になる“大ヒット”を生んだ釣り師は、匿名であることに対して、さびしくないのでしょうか。

Hagex氏(以下、Hagex) 匿名だからこそ、自由に演じられて無責任にできてしまうのがいいのではないでしょうか。たとえ身元がわからなくても、日頃使っているハンドルネームであれば変なことはできませんが、匿名でその場その場の発言なら自由ですよね。

 名前を出さないからこそうまくいっているというのは、書いた人もよくわかっています。名前を出して書いてしまうと、本当の話かどうか、見ているほうもシビアに判断してしまいますよね。

『2ch、発言小町、はてな、ヤフトピ ネット釣り師が人々をとりこにする手口はこんなに凄い』(KADOKAWA アスキー・メディアワークス/Hagex)
--釣り師は、ネットユーザーのなかでも匿名性を一番上手に使っているともいえますね。

Hagex 「はてな匿名ダイアリー」も一所懸命に書き込んでいる人が多いですが、やはり責任なく好き勝手にいえることに魅力を感じる人が多い。「はてな匿名ダイアリー」を書く人ははてなユーザーなので、「はてなブログ」など自分の意見を発信できるサービスを利用しているはずなのに、わざわざ「匿名ダイアリー」に書く。それは、匿名の魅力があるからだと思いますよ。

--「保育園落ちた日本死ね」も「はてな匿名ダイアリー」でしたね。本日(取材日)の「Yahoo!知恵袋」のランキングを見ると、「進学校に通う娘が、バスの中で座席に座り参考書をみていたところ、いきなり……」「至急 旦那がリビングで寝ていて起こしにいったら、ひとりでしていた後でした……」などと、読ませる工夫がしてあり、うまいですよね。

Hagex そうですね、「Yahoo!知恵袋」は閲覧者が多い分、嘘か本当かわからない読ませる投稿が多いですね。人気の投稿は「釣り」の可能性が高いので、疑いながら読むと面白いですよ。一方で「Yahoo!知恵袋」の特徴として、過去の投稿を何度もコピペしている事例が多いんです。現在人気の投稿を検索してみると、実は3年前の投稿だった……ということは珍しくありません。第三者が勝手にコピーして投稿しているのです。

『2ch、発言小町、はてな、ヤフトピ ネット釣り師が人々をとりこにする手口はこんなに凄い』

創作話を作り、読者の反応を楽しむ「ネット釣り師」たち。時には世論を動かすきっかけを作ってしまう彼らは、どういった手口で読者をダマし、そしてトリコにするのか。その鮮やかな手口の数々を、彼らの動向を15年間追ってきた人気ブロガーであるHagexが明らかにする。

amazon_associate_logo.jpg

『節ネット、はじめました。 「黒ネット」「白ネット」をやっつけて、時間とお金を取り戻す』

時間がない! お金がない! 余裕もない!――すべての元凶はネットかもしれません。

amazon_associate_logo.jpg