NEW
石徹白未亜「ネット依存社会の実態」

「孫ができた」…2ちゃんはもはや初老の巣窟?ネットのケンカで絶対に勝つ方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
「Thinkstock」より
 本連載前回記事では、『2ch、発言小町、はてな、ヤフトピ ネット釣り師が人々をとりこにする手口はこんなに凄い』(KADOKAWA アスキー・メディアワークス)の著者でインターネット黎明期からのネットウォッチャーで人気ブロガーでもあるHagex氏に、ネットのトレンドや問題点について聞いた。


 後編となる今回は、Hagex氏が選ぶ「一番印象に残ったネットの事件」や「ネットでもめてしまった際の“ネットケンカ道”」などについて、お伝えする。

すべてがNGだった「studygift事件」


--Hagexさんのなかで、一番印象に残っているネットの事件はなんでしょうか?

Hagex 今から4年前の2012年の事件になりますが、家入一真さんの「studygift」の事例は、やってはいけないことを全部やっていてすごかったですね【※1】。最初に謝ればよかったのに謝らなかったし、言い訳も続き、支援の対象となった女性に関するネガティブな情報も出てきて、燃料が定期的に投下されてしまいました。

 炎上初期に適切な対応をしてれいば、あれほどの問題にはならなかったでしょう。悪いほうに悪いほうに手を打ってしまったという点では、非常に良い(悪い?)ケーススタディですね。企業の広報やウェブ担当者はぜひ知ってほしい事例です。

『2ch、発言小町、はてな、ヤフトピ ネット釣り師が人々をとりこにする手口はこんなに凄い』(KADOKAWA アスキー・メディアワークス/Hagex)
--ネットのいい点、悪い点はどこだと思いますか?

Hagex いい点は、みなが平等に発言・発信できるところですね。特別な環境は必要ないですし。一方、問題点は「嘘か」「本当か」という情報の信頼度が読み手に任される点でしょう。また、情報の責任が誰にあるのかわからない点。人の「負の感情」を増幅する装置となっているところでしょうか。

--「ネットが人を悪くしているのではない、もともと悪い人がネットを使うのだ」という意見もありますが、ネットによって人間性が荒廃しているような人も、すでに大勢いると思います。

Hagex もともと、人間にはいいところも悪いところもあります。しかし、ネットによって人の「悪い」ところが大きくなってしまう事象があります。

--ネットにはむき出しの悪意がゴロゴロ転がっていることもあるので、見ているうちに麻痺していってしまうのでしょうか。

Hagex それもあると思いますが、結局、ネットの膨大な情報のなかから、自分が信じたい情報だけを積極的に見て、悪意が増幅する例が多々あります。例えば韓国が嫌いな人は、基本的に嫌韓系のコンテンツしか見ません。反韓感情は閉じた情報とコミュニティのなかで、ますます増大していきます。

--なぜ情報の良し悪しを判断せず、鵜呑みにしてしまうのでしょうか。

Hagex もともと、人は情報をあまり判断しない傾向があります。特に自分にとって都合のいい情報だと、疑いなく受け入れてしまいます。つまるところ、ネットは自分の見たい、知りたい情報を都合よく解釈して受け入れる道具となってしまいます。

『2ch、発言小町、はてな、ヤフトピ ネット釣り師が人々をとりこにする手口はこんなに凄い』

創作話を作り、読者の反応を楽しむ「ネット釣り師」たち。時には世論を動かすきっかけを作ってしまう彼らは、どういった手口で読者をダマし、そしてトリコにするのか。その鮮やかな手口の数々を、彼らの動向を15年間追ってきた人気ブロガーであるHagexが明らかにする。

amazon_associate_logo.jpg

『節ネット、はじめました。 「黒ネット」「白ネット」をやっつけて、時間とお金を取り戻す』

時間がない! お金がない! 余裕もない!――すべての元凶はネットかもしれません。

amazon_associate_logo.jpg