NEW
「相馬勝の国際情勢インテリジェンス」

トランプ米国、国際的に孤立で中国台頭の可能性…日本を「利己的で米国を圧迫」と批判

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
写真:ロイター/アフロ

 20日(日本時間:21日未明)、ドナルド・トランプ米大統領の就任式が終了したが、相変わらず「米国第一主義」「米国優先」を掲げ、「米国人を雇え」「米国製品を買え」と叫んでおり、世界最大の超大国の最高指導者の就任演説としては、お世辞にも品位が感じられなかった。報道によると、31歳の気鋭のスピーチライターと2人きりで演説の草案を練ったというが、両手をふるって熱弁しているのはわかるが、あまり滑舌の良くないだみ声で「新たな1000年が始まる」などと言われても、その根拠が薄弱だけに、心に響かなかったというのが正直なところだ。

 筆者は年末から年始にかけて、トランプ大統領が41歳のときに書いた『トランプ自伝』(筑摩書房)をじっくりと読んだが、印象に残ったのは訳者あとがきのワンセンテンスだった。それは、当時の妻だったイヴァナさんの言葉だ。

「あと10年経ってもドナルドはまだ51歳です。そう際限なくカジノを所有したりビルを建てたりするわけにはいきませんから、いずれドナルドは他の分野に目を向けるでしょう。それは政治かもしれないし、何か別のものかもしれません。大統領選挙へ出馬することも絶対ないとは言いきれません」

 この言葉通り、トランプ氏は大統領選に出馬し、当選してしまった。さすがにトランプ氏と長年生活していたイヴァナさんだけあって慧眼だったが、就任式で右横にいた妻はスロベニア出身の元モデルのメラニアさんだったのは想定外だったに違いない。

本人も当選すると思っていなかった可能性


 それはともかく、この自伝を読むと、トランプ氏の性格がよくわかる。日本語の文庫版のほか、原本の英文版も合わせて読んだので、構成のつくり方や英文の文章から、本の大半は共著者のジャーナリストが書いたと推定できるが、ところどころに、トランプ氏の本音が透けて見えるような気がする。たとえば、次のような部分だ。

「宣伝の最後の仕上げははったりである。人々の夢をかきたてるのだ。人は自分では大きく考えないかもしれないが、大きく考える人を見ると興奮する。だからある程度の誇張は望ましい。(中略)私はこれを真実の誇張と呼ぶ。これは罪のないホラであり、きわめて効果的な宣伝方法なのである」

「これから述べる数々の取引(ビジネス)は、結局のところどんな意味をもつかと問われると、返事に窮する。ただそれをやっている間楽しかったと答えるしかない」

「けれども“ほどほど”というのは性に合わない」

「取引はもちろんこれからもするつもりだ。それも大きな取引を着々とまとめていくだろう」

 これらの5つの文章をつなぎ合わせていくと、トランプ氏は70近い年齢で、本職のビジネス以外に政治に興味をもち、それも上下両院議員のような“ほどほど”ではなく、米国の最高指導者である大統領の選挙に出馬。「はったり」をかまして、人々を興奮させて、自分を売り込む。それはなんのためにするのかというと、「それをやっている間楽しむ」ためだった――、ということになる。

トランプ米国、国際的に孤立で中国台頭の可能性…日本を「利己的で米国を圧迫」と批判のページです。ビジネスジャーナルは、連載、ドナルド・トランプ米大統領中国米国第一主義の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!