NEW

北朝鮮、東京にミサイル攻撃の可能性も…米国のほうが追い込まれ、戦争開戦の危険

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
北朝鮮が弾道ミサイル発射(ビデオ画像、提供:KRT/AP/アフロ)

 北朝鮮は5月29日、今年だけで9度目になる弾道ミサイル発射を行った。すでに金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長は、実戦配備に向けて大量生産を指示している。とくにアメリカと北朝間の軍事的緊張が高まるなか、戦争に発展する可能性はあるのであろうか。軍事ジャーナリストの田岡俊次氏に聞いた。

「アメリカが戦争を始める理由は、ほとんどウソか間違い。ベトナム戦争のきっかけ「トンキン湾事件」は半ばまでねつ造報告、イラク攻撃の際の「大量破壊兵器保有」は有名だが、1999年にコソボ問題でユーゴスラビアを爆撃した時も、50万人が虐殺されているというデマを信じ、占領していくら探しても、結局2108体しか遺体が出てこなかった。遺体は、その前年のイスラム過激派コソボ解放軍とユーゴスラビア政府軍との戦闘の双方の戦死者だった。クロアチアのプロパガンダに騙されたのです。

 アメリカは計10万人以上、年間4~5兆円の予算を持つ15もの情報機関や偵察衛星を持ち、世界中の電話やファックス、メールも全部盗聴できるが、それでもいつも判断を間違っている。だからアメリカは、ベトナム、アフガニスタン、イラクなど失敗続きだ。なぜそのようなことが起こるのか。ホワイトハウスの安全保障会議がCIA(米中央情報局)に情報を要求し、『イラクは大量破壊兵器を持っている証拠はないのか』と聞かれれば、他の情報機関に伝達し、無理矢理にでも注文に合う情報を探してまとめて出してくるわけです。情報機関は、上層部の思い込みを補強するだけの組織になってしまっている。日本は、アメリカの情報分析は間違っていることが多いという前提に立って行動したほうがいい。座礁ばかりしてる艦長の船に後方から付いていくようなものなので、多少の距離を取っていたほうが安全でしょうね」

 では、トランプの思い込みで戦争が始まる可能性はあるのだろうか。

「北朝鮮を威嚇したのに全然それが通じなければ、今トランプはメンツ丸つぶれの状態となる。ロシアゲートで弾劾されかねないということでも切羽詰まっている。役所の上級幹部570人は政治任用で、指名して議会で承認してもらわないといけない。ところが二十数人しか決まってない。国務省に至っては、190人くらい政治任用だが、今まで決まったのは国務長官と国連大使とイスラエル大使などだけ。他の役所も全部そうだからアメリカは今、政府がない状態になっちゃっている。

北朝鮮、東京にミサイル攻撃の可能性も…米国のほうが追い込まれ、戦争開戦の危険のページです。ビジネスジャーナルは、ジャーナリズム、北朝鮮弾道ミサイル発射金正恩の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!