NEW
石原結實「医療の常識を疑え!病気にならないための生き方」

乳がんで逝去・小林麻央さん、初診の「しこりなので心配ない」信用を後悔…がんと食事

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
妻・小林麻央さんの死去についての記者会見に臨む歌舞伎俳優の市川海老蔵さん(日刊現代/アフロ)

 歌舞伎俳優の市川海老蔵さんの妻でフリーアナウンサーの小林麻央さんが、去る6月22日に彼岸へ旅立たれた。享年34歳。

 麻央さんは2003年、『めざましどようび』(フジテレビ系)のお天気キャスターを皮切りに、その後『NEWS ZERO』(日本テレビ系)のキャスターなどを務め、10年3月に海老蔵さんと結婚。11年に長女を、13年には長男を授かり、順風満帆の人生であった。

 しかし、14年に麻央さんの体に異変が見つかる。

・14年2月:人間ドックで「五分五分で乳がん」と指摘されたが、再検査の結果、経過観察となった。しかし、生体検査(細胞診断)は行われなかった。
・14年10月:自身で「乳房のしこり」に気づき、病院で乳がんと診断された。
・16年6月9日:海老蔵氏が「(麻央さんが)進行性の乳がんで闘病中」と公表。
・同年9月1日:麻央さんがブログ「KOKORO」を開設。
・同年9月20日:肺と骨への転移を告白。
・同年10月3日:がんの進行度「ステージ4」との書き込み。
・同年11月:「前向きに生きる姿が、がんと戦う人々をはじめ、世の中に勇気を与えた」として英国BBC放送より、「今年の100人の女性」のひとりに選ばれる。
・17年5月28日:海老蔵さんが取材に応え、「顎への転移」を公表。
・同年5月29日:退院して、在宅医療に。
・同年6月20日:最後のブログを更新「…皆様にも、今日笑顔になれることがありますように…」
・同年6月22日:逝去

 ブログを通しての夫、子供たちをはじめ、家族や周囲に対する麻央さんの言動は優しさと慈愛に溢れており、麻央さんの高潔なお人柄がひしひしと伝わってくる。麻央さんのブログの読者はなんと250万人もいたという。

 ブログのなかで、麻央さんは、

「もっと自分の身体を大切にすればよかった」
「もうひとつ病院に行けばよかった」
「あのとき、信じなければよかった」

などという後悔の念も吐露している。

 これは14年2月の人間ドックで、乳房の「腫瘤」が見つかったとき、最初に診察した医師が「授乳中のしこりなので心配ない」と言ったことを「信用したこと」と、そのとき「半年後にもう一度検査を」と言われたのに、検査を受けたのが同年10月(乳がんと診断)と「2カ月遅れたこと」を指しているようだ。

乳がんで逝去・小林麻央さん、初診の「しこりなので心配ない」信用を後悔…がんと食事のページです。ビジネスジャーナルは、連載、乳がん小林真央市川海老蔵の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!